野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

4連覇王手のソフトバンク 工藤監督も「本当に大きかった」と語る勝負の分水嶺は?

ソフトバンクが4年連続日本一に王手をかけた。24日に本拠地PayPayドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第3戦。3回に中村晃の2ランで3試合連続で先制すると、先発のムーアが7回まで巨人打線を無安打に封じる圧巻の投球。守護神の森が9回2死から安打を許して史上2度目の継投ノーヒットノーランこそ逃したが、完勝で4連覇にあと1勝とした。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:福谷佑介】

初回無死二塁のピンチを無失点で凌ぐ「1点取られたら嫌な雰囲気に」

■ソフトバンク 4-0 巨人(日本シリーズ・24日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ソフトバンクが4年連続日本一に王手をかけた。24日に本拠地PayPayドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第3戦。3回に中村晃の2ランで3試合連続で先制すると、先発のムーアが7回まで巨人打線を無安打に封じる圧巻の投球。守護神の森が9回2死から安打を許して史上2度目の継投ノーヒットノーランこそ逃したが、完勝で4連覇にあと1勝とした。

 試合後、工藤公康監督が「本当に大きかったと思います」と勝負のポイントに挙げたのは初回の守りだった。先頭の吉川尚の遊ゴロを牧原が悪送球。ボールは一塁カメラマン席へと飛び込み、いきなり無死二塁のピンチを背負った。

 だが、続く松原のバントは捕手の甲斐が出足よく捌き、三塁への進塁を阻止(記録は捕ゴロ)。ムーアが坂本を空振り三振、岡本を遊ゴロに打ち取って、流れが変わりかねないピンチを無失点で凌いだ。指揮官も「あそこで1点でも取られたら嫌な雰囲気になった。しっかりとゼロで抑えたのが大きかった」と言うほど、大きなターニングポイントだった。

 この窮地を乗り越えたムーアは波に乗った。2回はウィーラーに四球を与えたものの、亀井を二ゴロ併殺打に。2つの四球、自身のエラーなどで走者こそ背負ったものの、1本の安打も許さないまま、7回を投げ切った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」