野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 海外
  • 誰も信用できない… ドミニカWLのトリックプレーにMLB公式も注目「勇ましい詐欺」

誰も信用できない… ドミニカWLのトリックプレーにMLB公式も注目「勇ましい詐欺」

ドミニカウインターリーグで起きたトリックプレーが話題になっている。二盗を試みた走者が守備側の野手からファウルと騙されアウトになる一幕にMLB公式サイトも「勇ましい詐欺をやりとげた」と注目した。

ドミニカウインターリーグで起きたトリックプレーが話題に(画像はスクリーンショット)
ドミニカウインターリーグで起きたトリックプレーが話題に(画像はスクリーンショット)

二盗に成功も相手守備から「ファウル」と促されベースを離れアウトに…

 ドミニカウインターリーグで起きたトリックプレーが話題になっている。二盗を試みた走者が守備側の野手からファウルと騙されアウトになる一幕にMLB公式サイトも「勇ましい詐欺をやりとげた」と注目した。

【PR】今季は11球団主催試合を配信 DAZNの“トリセツ”楽しむためのポイントは?

 相手チームを信じてはいけない……。詐欺まがいのプレーが起きたのは24日(日本時間25日)に行われたドミニカウインターリーグのトロス対エスコヒードの一戦だった。エスコヒードが1点リードで迎えた8回の攻撃。1死一塁から一走のリベラートが盗塁を試みると、相手捕手はボールを持ち返る際に落球し悠々とセーフに。

 だが、リベラートはボールの行方を見ておらず二塁手・ブルハーンに「ファウル?」と尋ねると、ブルハーンは言葉を発しなかったが頷く素ぶりを見せた。これに騙されたリベラートは一塁ベンチに戻り始めると待ってましたと言わんばかりにトロスナインは挟殺プレーを行いアウトを奪った。

 この一幕をMLB公式サイトも「ドミニカンリーグの二塁手が勇ましい詐欺をやりとげた」と注目し、同サイトの人気番組「セスペデス・ファミリーBBQ」公式ツイッターが取り上げた動画を公開。これにはファンからも「野球って素晴らしいな」「もっとトリックプレーが必要だ」「今日の教訓! 相手チームの選手を信じるな」「罪悪感は半端ない」「これはアメージング」と賛否両論。

 ボールの行方を確認しなかった走者・リベラートにも非があるが、このプレーで“人間不信”になったのは間違いない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」