野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「上手くならないとやられる…」 鷹・柳田、日本一の歓喜の裏で感じる“危機感”

「SMBC日本シリーズ2020」で打率.429、1本塁打、3打点を記録し、優秀選手賞を獲得したソフトバンクの柳田悠岐外野手。試合後には日本一への達成感とともに、柳田らしい危機感も語った。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

日本シリーズで打率.429、1本塁打、3打点、4年連続日本一に貢献

「SMBC日本シリーズ2020」で打率.429、1本塁打、3打点を記録し、優秀選手賞を獲得したソフトバンクの柳田悠岐外野手。試合後には日本一への達成感とともに、柳田らしい危機感も語った。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 柳田は今季、最多安打のタイトルを獲得し、規格外の本塁打を何本もかっ飛ばしてきた。4年連続日本一を決めたシリーズ第4戦では、先制された直後に逆転2ラン。今年最後の打席となった8回裏には、右前打を放ち、個人的にも有終の美を飾った。

 柳田は「いい1年になったかなと思います」と満ち足りた表情で今季を振り返る。コロナ禍で12月直前のシーズン終了となったことに「疲れました」と本音を漏らしながらも「チームみんなで喜べるのは幸せなこと。リーグで優勝できて、その勢いでしっかり勝てたというのは自信になりますし、達成感というのはすごいあります」と噛み締めた。

 その一方で、来季の話になると「やっぱり、どんどんどんどん野球が上手くならないとやられると思うんで。休んでまた始動する時から気持ちを入れ替えてやりたいなと思います」と語った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」