野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

MLB19発のロドリゲス加入にハム栗山監督も期待「器用さありながら長打力が魅力」

日本ハムは27日、ブルワーズ傘下のロニー・ロドリゲス内野手の獲得を発表した。今季は出場がなかったが、メジャー通算19本塁打をマークしたユーティリティープレーヤーの加入に、来季10年目を迎える栗山英樹監督は「本当に楽しみな選手を獲得できました」と期待した。

日本ハムと契約合意したロニー・ロドリゲス【写真:Getty Images】
日本ハムと契約合意したロニー・ロドリゲス【写真:Getty Images】

来季10年目を迎える指揮官「様々な側面から勝利に貢献する可能性のある選手」

 日本ハムは27日、ブルワーズ傘下のロニー・ロドリゲス内野手の獲得を発表した。今季は出場がなかったが、メジャー通算19本塁打をマークしたユーティリティープレーヤーの加入に、来季10年目を迎える栗山英樹監督は「本当に楽しみな選手を獲得できました」と期待した。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ロドリゲスは2010年にインディアンスに入団するとマイナーを経て、2017年オフにタイガースに移籍。18年にメジャーデビューを果たすと62試合に出場し打率.220、5本塁打20打点をマーク。翌19年にも84試合に出場し打率.221、14本塁打43打点を記録した。

 2019年オフにブルワーズに移籍したが、今季は9月14日に戦力外(DFA)となりFAとなっていた。内外野を守れるユーティリティーも武器。またオフシーズンにはラッパーとして活動し2017年オフにはミュージックビデオをリリースしている。

 ロドリゲスは球団を通じ「北海道日本ハムファイターズの一員となることに、大変な喜びを感じています。愛してやまない野球を、また新たな環境でプレーする機会を与えてくださったファイターズに感謝の気持ちで一杯です。リーグ優勝へ向けて、自分ができることに一生懸命取り組んでいきます」と意気込んだ。

 栗山監督も「セカンド、サード、ショートと内野の復数ポジションをこなし、かつセンターを守れる器用さがありながらも、2019年にはメジャーで2桁本塁打を放った長打力が魅力です。様々な側面から勝利に貢献する可能性のある選手という印象を受け、今のチーム事情にフィットすると期待しています」と球団を通じてコメント。「また、明るいキャラクターでムードメーカーになりうると聞いており、ベンチに新たな活力をもたらしてくれるのではないでしょうか」と期待した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」