野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNAラミレス前監督が正式退団 球団ポスト準備も「家族の時間を大切にしたいと」

DeNAの三原一晃球団代表は27日、報道陣のオンライン取材に応じ、今季限りで退任したアレックス・ラミレス前監督との“残留交渉”を打ち切ったと明かした。

今季限りでDeNAの監督を退任したアレックス・ラミレス氏【写真:荒川祐史】
今季限りでDeNAの監督を退任したアレックス・ラミレス氏【写真:荒川祐史】

球団は数回交渉も「自分のやりたいことをやりたいと」

 DeNAの三原一晃球団代表は27日、報道陣のオンライン取材に応じ、今季限りで退任したアレックス・ラミレス前監督との“残留交渉”を打ち切ったと明かした。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 かねてから球団はラミレス前監督の手腕を評価。球団内にポストなどを用意し、引き続き球団に携わる可能性があったが、ラミレス氏が球団からの要請を固辞したという。これまでに数回に渡って交渉してきた三原球団代表は「退任後に我々としては縁が切れないということで、何らかのポジションを用意してオファーをしたい、と話をしていた。彼が『しばらくは自分と家族の時間を大切にしたい。自分のやりたいことをやりたい』という思いをお持ちだった。そのご意思を尊重して、来季の契約、そういったポジションの契約は結ばない。そのことをご報告させていただきます」と無念の表情を浮かべた。

 ラミレス前監督は2016年から低迷が続いたチームを指揮。データ重視の選手起用や采配で強力打線を作り上げ、5年間で3度のAクラス入りへ導いた。3位だった17年は19年ぶりの日本シリーズ進出。筒香嘉智外野手がレイズへ移籍した今季は佐野恵太外野手を主将&4番に指名。首位打者を獲得する強打者に育てた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」