野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「投げる可能性は1%以下」 イップス克服し7年ぶりメジャー復帰した奇跡の復活劇

「投げる可能性は1%以下」 イップス克服し7年ぶりメジャー復帰した奇跡の復活劇

今シーズン7年ぶりにメジャーの舞台に戻ってきたロッキーズのダニエル・バード投手。一度はイップスに悩まされ引退していた右腕だが今季は23試合に登板し2979日ぶりの白星も手にした。常識では考えられない復帰へのサクセスストーリーを本人は「また投げる可能性は1%以下だと思っていた」と振り返っている。

ロッキーズのダニエル・バード【写真:Getty Images】
ロッキーズのダニエル・バード【写真:Getty Images】

今季7年ぶりのメジャー復帰したロッキーズのダニエル・バード投手

 今シーズン7年ぶりにメジャーの舞台に戻ってきたロッキーズのダニエル・バード投手。一度はイップスに悩まされ引退していた右腕だが今季は23試合に登板し2979日ぶりの白星も手にした。常識では考えられない復帰へのサクセスストーリーを本人は「また投げる可能性は1%以下だと思っていた」と振り返っている。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 バードは2006年のドラフト1巡目(全体28位)でレッドソックスに入団。2009年にメジャーデビューを果たすと、2011年には中継ぎとして70試合に登板した。だが、2013年以降、イップスに悩まされてメジャーのマウンドから遠ざかった。

 その後もメジャー昇格を目指しカブス、レンジャーズ、パイレーツ、カージナルス、メッツと渡り歩いたが2018年に一旦は現役を引退。指導者としてダイヤモンドバックスのメンタルトレーニング部門のスタッフに就任すると今シーズンに現役復帰を果たしロッキーズとマイナー契約を結び7月にメジャー契約を結んでいた。

 奇跡の復活劇を取り上げたのは米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」だった。バードは「僕がロースター入りするとは誰も予想していなかったと思う」と語り、現役復帰を決断した当初は「また投げる可能性は1%以下だと思っていた。またマウンドに立つ感覚がどのようなものか確かめてみたかった。そして、自分の予想以上だった」と振り返っている。

 メンタルコーチとして指導した若手には「まだ投げられます、また挑戦した方がいいですよ。もう1度投げるべきです」と後押しを受けたが「キャッチボールできるからって、メジャーリーグで投げられることにはならないよ。ここに来るまでに僕が経験してきたことを君たちは知らないんだから」と、冗談っぽく言葉を返したバード。だが、そのやり取りを続ける中で、長い間抱えていた不安、葛藤が無くなっていったという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」