野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天松井、抑え復帰で成功の鍵は 「入れ込み過ぎない」新スタイルの構築

楽天の松井裕樹投手は、27日の契約更改交渉で現状維持の年俸2億5000万円(金額は推定)でサイン。オンライン会見では、石井一久GM兼監督と話し合った結果、来季から抑えに復帰することを明かした。昨年最多セーブのタイトルを獲得した25歳の左腕は、今季自身の希望で先発に転向したが、1シーズンで元の役割に戻ることに。その成功の鍵とは──。

楽天・松井裕樹【写真:荒川祐史】
楽天・松井裕樹【写真:荒川祐史】

プロ2年目19歳から抑え務め勤続疲労も

 楽天の松井裕樹投手は、27日の契約更改交渉で現状維持の年俸2億5000万円(金額は推定)でサイン。オンライン会見では、石井一久GM兼監督と話し合った結果、来季から抑えに復帰することを明かした。昨年最多セーブのタイトルを獲得した25歳の左腕は、今季自身の希望で先発に転向したが、1シーズンで元の役割に戻ることに。その成功の鍵とは──。

【動画】メジャーも注目? パを代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

 1年前の契約更改。4年契約を結んだ松井は先発転向を明言し、「体への負担など先を考えた時、今のスタイルで何十年と投げ続けることは想像できなかった」と述懐していた。

 確かに、プロ2年目に19歳で本格的に抑えを務めるようになった松井は、3年連続30セーブ以上をマーク。不調に陥った2018年に暫定的に2試合先発したことはあったが、翌19年にはまた38セーブを挙げ、初めてタイトルも獲得した。思い切り腕を振り、150キロ超の速球、一級品のスライダー、フォークを投げ込むスタイルは魅力いっぱいだったが、勤続疲労は相当なものだっただろう。

 しかし、先発転向は思うに任せなかった。今季開幕から2試合連続で責任投球回数の5回を全うできず、6月29日に出場選手登録抹消。ファームでの調整は1か月以上に及んだ。8月6日の昇格後は、先発で3勝3敗。10月以降はチーム事情で救援に回った。トータルで25試合登板、4勝5敗8ホールド2セーブ、防御率3.18。先発した10試合の防御率は3.66、救援での15試合は1.65だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」