野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人・吉川大、楽天・由規… 1度のみならず戦力外通告を複数回受けた選手たち

プロ野球界では各球団が来季の契約を結ばない選手にその旨を通告する、戦力外通告期間が27日に終了した。すでに現役引退を決断した選手たちもいるが、1度は戦力外通告を受けたものの、12球団合同トライアウトを受けるなどして再びグラウンドに戻った選手たちもいる。

巨人から戦力外となった吉川大幾(左)と西武から戦力外となった森越祐人【写真:荒川祐史】
巨人から戦力外となった吉川大幾(左)と西武から戦力外となった森越祐人【写真:荒川祐史】

巨人・吉川大は14年オフに中日戦力外も18年に自己最多97試合出場した

 プロ野球界では各球団が来季の契約を結ばない選手にその旨を通告する、戦力外通告期間が27日に終了した。すでに現役引退を決断した選手たちもいるが、1度は戦力外通告を受けたものの、12球団合同トライアウトを受けるなどして再びグラウンドに戻った選手たちもいる。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 ドラフト上位指名を受けながらも目立った活躍を残せなかったもの、戦力外通告を複数回受けたもの、一度はNPBを離れたもののカムバックしたものなどキャリアは様々。今回は1度以上戦力外通告を受けながらも諦めなかった主な選手たちを見ていきたい。カッコ内は前所属球団。

巨人・吉川大幾内野手(中日)

 10年ドラフト2位で中日入り。同じPL学園の先輩に当たる立浪和義の背番号3と高い期待を受けての入団となった。12年に1軍デビューしたものの、13年15試合出場、14年16試合出場と目立った活躍を見せられず、14年10月末に戦力外通告を受けた。

 11月中旬に巨人入り。移籍1年目の15年から故障で欠場した坂本勇人の代役・遊撃手として、また守備固めや代走として出場機会をつかみ、18年には自己最多97試合出場した。19年には若林晃弘、増田大輝らが台頭して出場減。今季は30試合出場、打率.100(10打数1安打)、打点なし、2盗塁だった。11月26日に2度目の戦力外通告を受けた。

DeNA・古村徹投手(DeNA)

 11年ドラフト8位で茅ヶ崎西浜高からDeNA入り。プロ1年目の12年は高校時代からの左肩痛の影響で2軍公式戦でも登板機会はなく、13年からは育成選手としてプレー。14年10月に戦力外通告を受けた。一度は現役引退を決断して15年は打撃投手としてチームに残留。16、17年と四国IL・愛媛で、18年はルートインBCリーグ・富山でプレーした。

 18年9月にDeNAの入団テストを受験。5年ぶりのNPB復帰、支配下選手として7シーズンぶりに復帰した。復帰1年目の19年はキャンプ1軍スタート。3月のイースタン開幕戦で登板したものの、5月に左肘のクリーニング手術。8月下旬に復帰したものの、その後も故障に悩まされた。今季もイースタン4試合登板にとどまり、11月3日に2度目の戦力外通告を受けた。1軍登板機会は1度もなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」