野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ドラフト有望株のための新リーグを創設 MLB球団へのアピールの場に

ドラフト有望株のための新リーグを創設 MLB球団へのアピールの場に

メジャーリーグ機構は31日(日本時間12月1日)、ドラフト候補の有望株のために新たなリーグ「MLBドラフトリーグ」を創設すると発表した。MLB公式サイトによると、ドラフトに指名される権利を持つ選手たちのために4州5球団が最初のシーズンに参加するという。

MLBがドラフト候補の有望株のために「MLBドラフトリーグ」を創設へ【写真:AP】
MLBがドラフト候補の有望株のために「MLBドラフトリーグ」を創設へ【写真:AP】

4州5球団による「MLBドラフトリーグ」の創設をMLBが発表

 メジャーリーグ機構は31日(日本時間12月1日)、ドラフト候補の有望株のために新たなリーグ「MLBドラフトリーグ」を創設すると発表した。MLB公式サイトによると、ドラフトに指名される権利を持つ選手たちのために4州5球団が最初のシーズンに参加するという。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 同リーグにはマホニングバレー・スクラッパーズ(オハイオ州)、ステートカレッジ・スパイクス(ペンシルベニア州)、トレントン・サンダー(ニュージャージー州)、ウエストバージニア・ブラックベアーズ(ウエストバージニア州)、ウィリアムスポート・クロスカッターズ(ペンシルベニア州)の5球団が参加し、6チーム目とも協議を重ねているという。68試合制のシーズンを行う。

 2021年のドラフトはオールスター・ウィークの一環として7月に開催される。この「ドラフトリーグ」は有望な選手たちがドラフト前にメジャー球団に対してのアピールの場になりそうだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」