野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

12球団で走者を出しにくい投手は誰? 千賀&山本を凌駕した意外な名前は…【パ編】

2020年のプロ野球はパ・リーグを3年ぶりに制したソフトバンクが4年連続の日本一となって幕を閉じた。日本シリーズではセ・リーグ覇者の巨人に2年連続で4連勝。2018年の第3戦からシリーズ新記録の12連勝、昨年からポストシーズン16連勝という圧倒的な強さを見せて、頂点へと駆け上がった。

ソフトバンク・千賀滉大(左)とオリックス・山本由伸【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・千賀滉大(左)とオリックス・山本由伸【写真:荒川祐史】

パ・リーグで最も走者を出しにくかった投手はロッテの二木

 2020年のプロ野球はパ・リーグを3年ぶりに制したソフトバンクが4年連続の日本一となって幕を閉じた。日本シリーズではセ・リーグ覇者の巨人に2年連続で4連勝。2018年の第3戦からシリーズ新記録の12連勝、昨年からポストシーズン16連勝という圧倒的な強さを見せて、頂点へと駆け上がった。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 その2020年シーズンは新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕が延期となり、開幕当初は無観客で公式戦が開催された。選手たちは難しい環境の中でも懸命にプレーし、そして、結果を残してきた。そこで、ここでは今季の投手成績に注目。セパ両リーグで最も“走者を出さない投手”を探ってみよう。

 野球を科学的に分析するセイバーメトリクスの指標には「WHIP」というものがある。1イニングあたりに、投手が出す走者の平均を表しているものだ。この数字が低ければ、より走者を出しにくい投手となる。

【パ・リーグ】
・先発投手(80投球回以上)
1 二木康太(ロッテ)0.91
2 山本由伸(オリックス)0.94
3 石川柊太(ソフトバンク)0.98
4 D・バーヘイゲン(日本ハム)1.07
5 東浜巨(ソフトバンク)1.11

 今季のパ・リーグでは、最多勝がソフトバンクの千賀滉大投手と石川柊太投手、楽天の涌井秀章投手、最高勝率は石川、最優秀防御率は千賀、最多奪三振は千賀とオリックスの山本由伸がそれぞれタイトルを獲得した。どの投手もリーグを代表する投手であることは言うまでもないだろう。

 ただ、80投球回以上を投げた先発投手で最も走者を出しにくかったのは千賀でも山本でもない。意外と言っては失礼かもしれないが、それはロッテの二木康太投手だった。今季15試合に先発した二木は92.2投球回で規定には届かなかったものの、9勝3敗、防御率3.40をマーク。そしてわずか12個の四球しか与えておらず、抜群の制球力を誇り、WHIPは0.91だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」