野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人・原辰徳監督からも「頑張って」 日本一パワプロが上手い球団職員が挑む連覇

一般社団法人日本野球機構(NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)が共催するプロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL プロリーグ」が12月5日に開幕する。3シーズン目となる今季も厳しいプロテストを通過したトッププレイヤーたちが1球団4名のチームを結成。プロ野球同様に、セ・パ両リーグに分かれて日本一の座をかけて争う「eBASEBALL プロリーグ」2020シーズンの注目選手を紹介していく。

巨人代表・坂東秀憲【写真提供:(c)NPB、(c)Konami Digital Entertainment】
巨人代表・坂東秀憲【写真提供:(c)NPB、(c)Konami Digital Entertainment】

巨人の現役球団職員としての業務をこなすパワプロのプロ選手・坂東秀憲さん

 一般社団法人日本野球機構(NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)が共催するプロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL プロリーグ」が12月5日に開幕する。3シーズン目となる今季も厳しいプロテストを通過したトッププレイヤーたちが1球団4名のチームを結成。プロ野球同様に、セ・パ両リーグに分かれて日本一の座をかけて争う「eBASEBALL プロリーグ」2020シーズンの注目選手を紹介していく。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 巨人の現役球団職員としての業務をこなしながら「eBASEBALL プロリーグ」に巨人の代表選手として参加するプレイヤーがいる。坂東秀憲選手は昨季eドラフト2位で巨人に指名され、パワプロのプロ選手としてデビュー。e日本シリーズでは日本一のかかった大事なイニングを任されると、追いすがるロッテの猛追を巧みな投球術で断ち切り、日本一に貢献した。

 球団職員として、そしてパワプロの巨人代表選手として。今シーズンへの意気込みを聞いた。

 巨人がペナントレースでの優勝を決めた瞬間は東京ドームにいて、モニターで試合を見ていました。引き分けでの優勝だったので、勝って決まればよかったのですが、1日でも早く優勝が決まってよかったです。

 僕はふだん、ブランドコミュニケーション部というところで仕事をしています。仕事の内容は大きく分けると2つあって、球団のロゴや映像、選手の肖像などのビジネスとライセンス管理。もう1つは、プロモーションでSNSや、マスコットや球団チアの管理などをしています。同時に、eスポーツの担当もしていますよ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」