野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

甲子園出場に東京六大学で優勝&日本一… 名選手がパワプロでプロを目指したワケ

一般社団法人日本野球機構(NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)が共催するプロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL プロリーグ」が12月5日に開幕する。3シーズン目となる今季も厳しいプロテストを通過したトッププレイヤーたちが1球団4名のチームを結成。プロ野球同様に、セ・パ両リーグに分かれて日本一の座をかけて争う「eBASEBALL プロリーグ」2020シーズンの注目選手を紹介していく。

日本ハム代表・佐藤優太【写真提供:(c)NPB、(c)Konami Digital Entertainment】
日本ハム代表・佐藤優太【写真提供:(c)NPB、(c)Konami Digital Entertainment】

北海道・白樺学園高校で2年夏に甲子園に出場し六大学野球の名門・明治大学に進学

 一般社団法人日本野球機構(NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)が共催するプロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL プロリーグ」が12月5日に開幕する。3シーズン目となる今季も厳しいプロテストを通過したトッププレイヤーたちが1球団4名のチームを結成。プロ野球同様に、セ・パ両リーグに分かれて日本一の座をかけて争う「eBASEBALL プロリーグ」2020シーズンの注目選手を紹介していく。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 北海道日本ハムファイターズの代表・佐藤優太選手は北海道・白樺学園高校で2年夏に甲子園に出場し、その後は六大学野球の名門・明治大学に進学。大学4年時に明治神宮大会を制し日本一に輝くなど、リアルな野球の世界では華やかな道を歩んできた。今度はパワプロの世界で頂点を目指す佐藤選手は「eBASEBALLで結果を残さないと球歴は関係ない」と意気込む。プロを目指したきっかけ、プロ挑戦に対する家族の理解、そしてパワプロへの思いを語ってもらった。

 昔からよくパワプロで遊んでいました。中学、高校のころは練習が忙しくてなかなかできなかったのですが、大学時代は寮で生活していたので、みんなで対戦会をよくやっていました。そのころからパワプロは得意で、僕に勝つことができた人は喜んでいました(笑)

「eBASEBALL プロリーグ」の存在を知ったのは、昨年の2019年シーズンです。選考会に出場したのですが、2次予選のオフライン予選で敗退。選手になることはできませんでしたが、試合の解説を担当することになりました。一番印象に残っている試合はeペナントレースの最終節。巨人と中日の試合です。会場の人たちが試合に集中している様子を見て「プロっていいな」と改めて思うようになりました。そこから目標を定めて練習を積み重ねて、2020シーズンでプロ選手になることができました。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」