野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 日本人選手
  • 元メジャー高橋尚成氏が語る米球界アレコレ話 年俸事情から“曲者”まで大公開

元メジャー高橋尚成氏が語る米球界アレコレ話 年俸事情から“曲者”まで大公開

今オフも日本ハムから有原航平投手、西川遥輝外野手がポスティングシステムを利用し、またロッテからは澤村拓一投手が海外FA権を行使して、メジャー移籍を目指している。毎年日本人選手が海を渡り、簡単に試合を生中継で楽しめるなど身近な存在となったメジャーだが、その舞台裏はいまだ知られていない部分も多い。

メジャー5球団を渡り歩いた高橋尚成氏
メジャー5球団を渡り歩いた高橋尚成氏

ロサンゼルス近郊発信のYouTube「高橋尚成のHISAちゃん」スタート

 今オフも日本ハムから有原航平投手、西川遥輝外野手がポスティングシステムを利用し、またロッテからは澤村拓一投手が海外FA権を行使して、メジャー移籍を目指している。毎年日本人選手が海を渡り、簡単に試合を生中継で楽しめるなど身近な存在となったメジャーだが、その舞台裏はいまだ知られていない部分も多い。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「メジャー契約とマイナー契約では、実際どれだけ待遇が違うの?」

「日本では考えられない高額年俸をもらっているけど、普段はどんな生活をしているの?」

「ヒマワリの種をよく食べてるけど、あれってそんなに美味しいの?」

 そんなファンの疑問にお答えするのが、元メジャー左腕の高橋尚成氏だ。巨人で10年プレーした後、2010年からメジャーに移籍。メッツ、エンゼルス、パイレーツ、カブス、ロッキーズと5球団を渡り歩いた高橋氏はこの度、YouTubeチャンネル「高橋尚成のHISAちゃん」を開設し、ファンが知りたかった舞台裏について語っている。

 YouTubeを始めるきっかけとなったのは、周囲の勧めがあったから。現在はロサンゼルス近郊を拠点とするが、「夏に日本に帰った時、いろいろなYouTubeに出たら、みんなに『やってみたら?』って勧められたんですよ。まさか自分がと思ったんですけど、いざ話し始めてみたら面白くなってきちゃって(笑)」と話す。

 2014年からDeNAでプレーし、日本球界に復帰。2015年を最後に現役を退いた後は、解説者として引っ張りだこ。卓越したユーモアセンスとトークスキルを持つだけに、YouTubeにハマるのも時間の問題だったのかもしれない。

 日本では意外と知られていないメジャーの舞台裏の話はもちろん、高校、大学、社会人、NPB時代の経験も余さずお伝えしていく予定。「とにかく楽しめるチャンネルにすることが一番。アメリカでの暮らしについても紹介しながら、コロナで辛い世の中が少しでも笑顔になれるような内容を届けられれば、と思っています」とやる気満々だ。

 YouTubeを始めるにあたり、実は少し意識している人物がいる。それが巨人時代のチームメートで、誕生日が1日違いの同級生、上原浩治氏だ。

「僕がメジャーに行こうと思ったのも、上原が行ったから。上原はYouTubeも早くからやってますからね。常に前にいかれてるんですよ(笑)」

 来年1月からロサンゼルス近郊で日本人の子どもを対象とした野球アカデミーを開講するべく、現在は準備に大忙しだが、YouTube撮影も全力投球だ。今後は、トレーナー兼通訳として高橋氏のメジャー時代を支えた現エンゼルスの寺田庸一トレーナーのほか、現役続行中の井川慶のゲスト出演が決まっている。

 テーマやゲストについて、視聴者からリクエストがあれば随時応えていく予定。「コメント欄に質問やリクエストを書き込んでもらえれば、積極的に取り上げて行きますよ!」と呼びかけた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」