野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「結果だけを追い求めず、どう準備するか」 ロッテ安田を救った鳥谷のアドバイス

プロ3年目の2020年、ロッテ安田尚憲は87試合で4番を任された。開幕4番のレアードは腰の故障で7月下旬に戦列を離れ、8月に帰国。井上晴哉、中村奨吾、マーティンという選択肢がある中で、井口資仁監督が選んだのは安田だった。

ロッテ・安田尚憲【写真:荒川祐史】
ロッテ・安田尚憲【写真:荒川祐史】

プロ3年目で任された4番「期待に応えられなかったことが、すごく悔しかったです」

 プロ3年目の2020年、ロッテ安田尚憲は87試合で4番を任された。開幕4番のレアードは腰の故障で7月下旬に戦列を離れ、8月に帰国。井上晴哉、中村奨吾、マーティンという選択肢がある中で、井口資仁監督が選んだのは安田だった。

【動画】ロッテ安田が「一番悔しかった」と語った10月1日の日本ハム戦での見逃し三振

 文字通りの“抜擢”だ。ルーキーイヤーの2018年は1軍で17試合に出場したが、8安打、1本塁打、7打点、打率.151の成績。プロの厳しさだけを思い知らされた。2年目の昨季はイースタン・リーグで最多本塁打(19本)、最多打点(82打点)の2冠を飾るが、1軍には一度も呼ばれず。それでも井口監督が安田を4番に指名したのは、21歳の若きスラッガーに対する「期待」しかない。

 113試合に出場して打率.221、6本塁打、54打点の成績。安田は「期待に応えられなかったことが、すごく悔しかったです。なかなか結果が出ない時も多かったので、とても満足がいくシーズンではなかったですね」と、真っ直ぐな目で振り返る。

 だが、果たして指揮官が期待したのは、4番に相応しい数字を残すことだけだったのだろうか。成績はもちろんだが、これからチームを引っ張っていく自覚、4番が背負う責任を感じ取ることも期待していたように思う。では、安田はその期待には応えられたのか。答えは「イエス」だろう。

「課題がたくさん見えた」という今季。シーズンを通じて1軍でプレーした安田が痛感したのは、「ずっとスタメンで出るというしんどさ」だったという。

「右も左も分からない状態で4番をやらせてもらって、最初は少し打てていたんですけど、途中から自分の実力不足で打たせてもらえなくなってしまった。なかなかチームが勝てない時はプレッシャーも感じましたけど、その辺は先輩方がすごくサポートしてくださったんです。4番を任された自分がああいう成績でもチームが2位になれたのは、本当に先輩方のおかげだなって思います」

 今季は三塁の守備が安定したと評判だったが、「自分の持ち味はバッティング」と自認する。ファームで2冠に輝いても、1軍のピッチャーは「球の強さだったり、変化球のキレであったり、全てにおいて違う」と感じた。

「どうやって1軍で活躍してるピッチャーの150キロを超えるストレートを打ち返せるか。どうやったら逆方向であったり、センター方向にホームランを打つことができるのか。やっぱり真っ直ぐをしっかり打ち返すという基本が大事になってくる。打ち負けない技術であったり、気持ちだったり、一回りも二回りも成長していかないといけないと思いました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」