野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

“投打の”マルティネスら育成出身台頭も5選手が戦力外…助っ人診断【中日編】

ソフトバンクの4年連続日本一で幕を閉じた2020年のプロ野球。シーズンオフに入り、各球団は本格的に来季の戦力編成に着手している。すでに来季の新助っ人が決まった球団もあり、今後は続々と発表されていくことだろう。

中日のアリエル・マルティネス(左)とダヤン・ビシエド【写真:荒川祐史】
中日のアリエル・マルティネス(左)とダヤン・ビシエド【写真:荒川祐史】

R・マルティネスは守護神担い抜群の安定感、2年目のロメロは期待外れ

 ソフトバンクの4年連続日本一で幕を閉じた2020年のプロ野球。シーズンオフに入り、各球団は本格的に来季の戦力編成に着手している。すでに来季の新助っ人が決まった球団もあり、今後は続々と発表されていくことだろう。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 では、12球団の助っ人外国人は今季、どれほどの活躍を見せたのだろうか? 各球団の助っ人たちの成績を検証し、その働きを診断していってみよう。今回は8年ぶりにAクラス入りを果たした中日だ。

○投手
ルイス・ゴンサレス(5000万円)
28試合0勝0敗0セーブ4ホールド 防4.78

ヤリエル・ロドリゲス(1500万円)
11試合3勝4敗0セーブ0ホールド 防4.12

エンニー・ロメロ(6000万円)
1軍登板なし

ライデル・マルティネス(6000万円)
40試合2勝0敗21セーブ7ホールド 防1.13

 支配下になって3年目のR・マルティネスは、シーズンを通してブルペン陣を牽引。開幕当初に守護神だった岡田が不調のためクローザーを担った。160キロ超の直球を軸に、リーグ2位の21セーブを挙げた。防御率も圧巻の1.13をマーク。最優秀中継ぎのタイトルを受賞した福、祖父江とともに勝利の方程式を担った。

 来日1年目の昨季に21試合に登板して8勝を挙げたロメロは、左肩の炎症で開幕前に離脱。結局1軍登板なしに終わり、退団となった。来日1年目のゴンサレスはフル回転を期待されたが、安定感に欠ける結果に。シーズン途中に支配契約を勝ち取ったロドリゲスは終盤にかけローテの一角を担い、11試合に登板して3勝を挙げた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」