野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA柴田、“脱・都合のいい男”目指す! 28%増5480万円で更改、恒例の断食も

DeNAの守備の名手、柴田竜拓内野手が4日、横浜市内で契約更改交渉を行い、28%アップの年俸5480万円でサインした。(金額は推定)

会見に臨んだDeNA・柴田竜拓【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】
会見に臨んだDeNA・柴田竜拓【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】

今季110試合出場もスタメンは61試合「打撃は3割が目標」

 DeNAの守備の名手、柴田竜拓内野手が4日、横浜市内で契約更改交渉を行い、28%アップの年俸5480万円でサインした。(金額は推定)

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 5年目の26歳は今季110試合に出場し、二塁、遊撃、ときには三塁で芸術的な好守を連発。打っても左打ちの巧打者で、規定打席には届かなかったものの、打率.266、2本塁打、20打点をマークした。スタメンは61試合だったが、チームが4位に終わったとあって「チームとしてもっともっと上へ行ける。打撃は3割が目標で、守備率ももっと上げていかないと。悔しいシーズンでした」と振り返った。

 数年前からオフには“断食”に取り組んでおり、今年も今月7日から3日間、口にするのは酵素ドリンクのみの生活を送る予定だ。「体が1度リセットされる。普通の生活をしていては感じられない感覚がある」と改めて効果を説いた。

 チームにとって貴重なユーティリティプレーヤー。「今までは『どこでもいいから出られるポジションで出たい』と言ってきたが、それではそれなりの結果になってしまう」と反省し、「ショートでレギュラーを取りたい思いはあります」と来季へ向けて意欲をアピールした。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」