野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

燕・山田哲人は7年総額40億円、DeNA大和は1億円…各球団4日の主な契約更改は?

プロ野球界では4日、複数の球団で契約更改交渉が行われた。ヤクルトでは、山田哲人内野手が現状維持の年俸5億円プラス出来高払いで7年総額約40億円の契約を結んだ。今季国内FA権を取得するも、行使せずに残留。来季の主将にも就任した。

ヤクルト・山田哲人【写真:荒川祐史】
ヤクルト・山田哲人【写真:荒川祐史】

ソフトバンク2019年ドラ1の佐藤は1500万円でサイン

 プロ野球界では4日、複数の球団で契約更改交渉が行われた。ヤクルトでは、山田哲人内野手が現状維持の年俸5億円プラス出来高払いで7年総額約40億円の契約を結んだ。今季国内FA権を取得するも、行使せずに残留。来季の主将にも就任した。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 DeNAでは、大和内野手が現状維持の年俸1億円でサイン。今季は3年契約最終年で、新たに1年契約を結んだ。国吉佑樹投手は30%アップの5720万円で更改。今季は42試合に投げ、3勝4敗10ホールド、防御率3.13の安定感を誇った。今季110試合に出場した柴田竜拓内野手は、28%アップの5480万円でサインした。

 ソフトバンクでは若手8選手が契約更改。2019年ドラフト1位の佐藤直樹外野手は、100万円ダウンの1500万円でサイン。1年目の今季は1軍出場なしに終わったが、2軍戦に59試合に出場して打率.229、3本塁打、23打点を記録。20盗塁でウエスタン・リーグの盗塁王に輝いた。主な契約更改は以下の通り。(金額は全て推定)

【セ・リーグ】
■ヤクルト
山田哲人内野手 5億円→5億円 ※7年契約

■DeNA
大和内野手 1億円→1億円
嶺井博希捕手 3100万円→3000万円
国吉佑樹投手 4400万円→5720万円
柴田竜拓内野手 4300万円→5480万円
神里和毅外野手 4790万円→5170万円

【パ・リーグ】
■ソフトバンク
佐藤直樹外野手 1600万円→1500万円
田浦文丸投手 580万円→560万円
奥村政稔投手 1000万円→1000万円
九鬼隆平捕手 620万円→650万円
小林珠維内野手 460万円→470万円
水谷瞬外野手 500万円→520万円
谷川原健太捕手 600万円→630万円
増田珠内野手 660万円→660万円

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」