野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人の2年連続日本一なるか? eBASEBALL プロリーグ」チーム紹介【セ編】

「eBASEBALL プロリーグ」がシーズン開幕を迎え、セ・リーグは5日午後4時からヤクルト-DeNAのカードで幕を開ける。

「eBASEBALL プロリーグ」が5日に開幕【画像:パ・リーグ インサイト】
「eBASEBALL プロリーグ」が5日に開幕【画像:パ・リーグ インサイト】

昨季リーグ王者のヤクルトは「明るく楽しく」、巨人は「打って勝つ」

「eBASEBALL プロリーグ」がシーズン開幕を迎え、セ・リーグは5日午後4時からヤクルト-DeNAのカードで幕を開ける。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 昨季はヤクルトが優勝したが、「コカ・コーラ eクライマックスシリーズ(以下eクライマックスシリーズ)」を突破したのは2位の巨人。「SMBC e日本シリーズ」では、勢いのままパ・リーグ1位のロッテを2連勝で下し、見事日本一に輝いた。今季はどのような展開を見せるのか――。プロプレーヤーたちの熱戦に期待が高まる。

 昨季は2位と0.5ゲーム差で「eペナントレース」セ・リーグ王者に輝き、2018年最下位からの下克上を果たしたヤクルト。18年は西武、19年はヤクルトを優勝に導いた「eBASEBALL界の優勝請負人」大川泰広選手、昨季「打点王」の高良匡史選手に加え、新たにプロプレーヤーとなった渡部隼人選手、矢吹圭介選手の布陣で、昨季叶わなかった日本一を目指す。

 青木宣親外野手、山田哲人内野手、村上宗隆内野手ら球界を代表する強打者たちを中心に、長短打を打ち分ける攻撃でシーズンを勝ち抜けるか。チームのカラーは「明るく楽しく、助け合い支え合う(大川)、アットホームな職場(高良)」と明るい雰囲気で、勝負を楽しむことも忘れない。「確実なバント(渡部)、外野前に打球を落とすしぶとい打撃(矢吹)」をアピールポイントとする新戦力の活躍にも注目だ。

 巨人は惜しくもシーズン2位に終わったが、「eクライマックスシリーズ」を勝ち抜き、日本一に輝いた昨季から、キャプテン・舘野弘樹選手、吉田友樹選手と契約を継続。「eドラフト会議 supported by リポビタンD(以下eドラフト会議)」で坂東秀憲選手、高川健選手を再指名し、昨季と同じ布陣で2年連続の日本一を狙う。

「打って勝つ」と舘野が語るように、坂本勇人内野手、岡本和真内野手、丸佳浩外野手ら強打者がそろう。投手陣も菅野智之投手、戸郷翔征投手を中心に、中川皓太投手、高梨雄平投手とリリーフ陣も強力だ。投打で存分に力を発揮させ、相手を圧倒する野球を見せられるか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」