野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

トライアウトの悲壮感は「周りが思っているだけ」 出場選手にある“共通点”とは?

来季NPB球団でのプレーを目指し、戦力外となった選手らが挑戦する「12球団合同トライアウト」が、7日に開催される。再起をかける“運命の1日”に選手たちはどう挑み、どう過ごすのか――。昨年のトライアウトに出場した元外野手は、出場者に共通している心情を語る。

昨年の「ワールドトライアウト」にも参加した元中日・友永翔太氏【写真:編集部】
昨年の「ワールドトライアウト」にも参加した元中日・友永翔太氏【写真:編集部】

中日で外野手として5年間プレーした友永翔太氏は昨年出場

 来季NPB球団でのプレーを目指し、戦力外となった選手らが挑戦する「12球団合同トライアウト」が、7日に開催される。再起をかける“運命の1日”に選手たちはどう挑み、どう過ごすのか――。昨年のトライアウトに出場した元外野手は、出場者に共通している心情を語る。

【動画】ドアラが危ない! 広島・鈴木誠也の特大弾がドアラを襲った衝撃シーン

 いろんなユニホームの選手がグラウンドに入り乱れ、たった数球、数打席に人生を賭す。プロ野球人生の瀬戸際に立った選手たちが挑む舞台には、悲壮感すら雰囲気が漂っているようにも思える。だが、選手たちの心持ちは周囲の思いとは一線を画しているという。

「よく崖っぷちの悲壮感だとか言われますが、周りの人たちが思っているだけなのかなと。僕もそうでしたが、選手たちはみんな自信を持って胸張って臨んでいましたね。まだ野球が好きだって気持ちで、ギラギラしていました」

 2019年限りで中日を戦力外になった友永翔太氏は、そう1年前を振り返る。2014年のドラフトで3位指名を受けて日本通運から入団し、外野手として5年間プレー。トライアウトでは4打数無安打に終わり、現役引退を決断した。

 友永氏は当初参加するつもりはなかったが、「まだユニホームを来ている姿が見たい」という家族の思いもあって挑戦。トライアウト前夜は、まったく眠りにつけなかったことを思い出す。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」