野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

4年連続日本一の鷹が行った戦力整理 内川が退団、17年ドラ1が3年で戦力外に

今季3年ぶりにパ・リーグを制覇し、4年連続日本一にも輝いたソフトバンク。1軍出場なしに終わった内川聖一内野手や故障離脱していた今宮健太内野手、昨季リリーフとして活躍した甲斐野央投手、高橋純平投手らが不在でも、その豊富な戦力層で球界の頂点に立った。

ソフトバンクを退団した内川聖一【写真:編集部】
ソフトバンクを退団した内川聖一【写真:編集部】

2017年のドラ1吉住はわずか3年で戦力外通告を受ける

 今季3年ぶりにパ・リーグを制覇し、4年連続日本一にも輝いたソフトバンク。1軍出場なしに終わった内川聖一内野手や故障離脱していた今宮健太内野手、昨季リリーフとして活躍した甲斐野央投手、高橋純平投手らが不在でも、その豊富な戦力層で球界の頂点に立った。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 そのソフトバンクも来季に向けて戦力整理を敢行。支配下では7選手が退団ないし戦力外、自由契約に。また育成選手でも実に10選手が戦力外となった。このソフトバンクの戦力整理を振り返ってみよう。

 注目を集めたのが内川の退団だ。現役最多の通算2171安打を放っている好打者だが、今季は開幕を2軍で迎えると、そのまま1軍昇格なし。チーム事情などもあってファーム生活が続いた。チームのシーズン終了を待たず、ウエスタン・リーグ最終戦後に退団することを表明。他球団での現役続行を目指すことを決断した。

 2013年のドラフト1位で入団した加冶屋蓮投手は戦力外に。2018年にはセットアッパーとして72試合に登板して31ホールドをマークしたが、右肩の違和感で2019年は30試合の登板に。今季は1軍では6試合の登板に終わっていた。

【表】各球団発表、2020-2021年の引退、戦力外、補強、自由契約一覧

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」