野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

昨年はわずか3人の“狭き門”…今年は? トライアウトで契約を勝ち取った選手たち

現役続行を目指す男たちの最後のアピールとなる「プロ野球12球団合同トライアウト」は7日に57選手が参加し、一般非公開で行われた。15年ぶりにプロ野球界復帰を目指す48歳の新庄剛志氏に注目が集まったが、一体何人の選手に再びプロ野球界からオファーが届くのか。

元ロッテ・大隣憲司【写真:荒川祐史】
元ロッテ・大隣憲司【写真:荒川祐史】

2020年のトライアウトは一般非公開、新庄氏が参加し話題を集めた

 現役続行を目指す男たちの最後のアピールとなる「プロ野球12球団合同トライアウト」は7日に57選手が参加し、一般非公開で行われた。15年ぶりにプロ野球界復帰を目指す48歳の新庄剛志氏に注目が集まったが、一体何人の選手に再びプロ野球界からオファーが届くのか。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ここでは過去3年でトライアウトを経て他球団との契約に至った主な選手を振り返ってみる。

○2017年(51人参加)
大隣憲司投手
ソフトバンク戦力外→ロッテ

山崎憲晴内野手
DeNA戦力外→阪神

田代将太郎外野手
西武戦力外→ヤクルト

 マツダスタジアム広島で開催された2017年トライアウトでは計51人が受験。ソフトバンクでは難病を克服し2度の2桁勝利をあげた大隣がロッテと契約。復活が期待された18年だったが2試合のみの登板に終わり現役を引退した。阪神と契約した山崎は新天地で2年プレーし今季限りで引退、ヤクルトと契約した田代は18年に自己最多の73試合に出場したが今オフに戦力外となり自身2度目のトライアウトに参加した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」