野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人が断行した大幅な血の入れ替え 戦力外など実に28選手を“戦力整理”

今季2年連続でセ・リーグを制覇した巨人。日本シリーズではソフトバンクに4年連続で4連敗を喫し、2012年以来遠ざかっている日本一を手にすることはできなかった。

巨人を自由契約となったヘラルド・パーラ(左)と現役を引退した岩隈久志【写真:荒川祐史】
巨人を自由契約となったヘラルド・パーラ(左)と現役を引退した岩隈久志【写真:荒川祐史】

トレードとなった山本、引退した岩隈含め16選手が支配下登録から外れる

 今季2年連続でセ・リーグを制覇した巨人。日本シリーズではソフトバンクに4年連続で4連敗を喫し、2012年以来遠ざかっている日本一を手にすることはできなかった。

【表】各球団発表、2020-2021年の引退、戦力外、補強、自由契約一覧

 その巨人は今オフ、大幅な血の入れ替えを断行した。支配下で14選手を戦力外ないし自由契約に。現役を引退した岩隈久志投手、阪神へとトレードとなった山本泰寛内野手を加えると、実に16選手が支配下登録から外れることになった。

 2011年のドラフトで3球団が競合してロッテに加入した藤岡も戦力外に。トレードで日本ハムに移籍後、2019年途中に巨人に加入したが、わずか1年半で戦力外を言い渡された。2010年のドラフト2位で入団した宮国も戦力外を通告された1人。2013年には開幕投手も務めたが、今季は1軍登板21試合に終わっていた。

 また故障でリハビリ中の2019年ドラフト1位の堀田賢慎投手、2017年ドラフト1位の鍬原拓也投手、2018年ドラフト3位の直江大輔投手、山下航汰外野手らは自由契約に。この面々は育成選手として再契約する方針となっている。

【表】各球団発表、2020-2021年の引退、戦力外、補強、自由契約一覧

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」