野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天、池田隆英の支配下選手登録を発表「最高のパフォーマンスを皆さんに」

楽天は8日、育成の池田隆英投手を支配下選手として契約に合意したことを発表した。池田は球団を通じ「最高のパフォーマンスを皆さんにお見せできるように頑張っていきます」とコメントを発表した。

会見に臨んだ楽天・池田隆英【写真提供:楽天野球団】
会見に臨んだ楽天・池田隆英【写真提供:楽天野球団】

石井GM兼監督「支配下でもプレーできるボールを試合の中で投げてくれていたと確認」

 楽天は8日、育成の池田隆英投手を支配下選手として契約に合意したことを発表した。池田は球団を通じ「最高のパフォーマンスを皆さんにお見せできるように頑張っていきます」とコメントを発表した。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 池田は2016年にドラフト2位で入団。2年目の2018年には15試合に登板したが昨年オフに戦力外通告を受け育成契約を結んでいた。今季は2軍で21試合に登板し1勝1敗、防御率1.65の好成績を残していた。

 支配下に再び復帰した池田は球団を通じ「まずは支配下登録をしていただいた球団に感謝の気持ちでいっぱいです。これまで怪我もあり、悔しい思いもしましたが、たくさんの方々に支えられて今日という日を迎えられました。あとは1軍で結果を出す準備をして、最高のパフォーマンスを皆さんにお見せできるように頑張っていきます。引き続き、応援よろしくお願いいたします」とコメントを発表した。

 石井一久GM兼監督も「怪我などもあり育成契約をしていましたが、その間に怪我を完治させ、支配下でもプレーできるボールを試合の中で投げてくれていたと確認できました。あとは、度重なる怪我が池田選手の成長を妨げてきていたと思うので、来季は怪我とではなく、一緒に相手チームと戦っていきたいと思っています。頑張ろう!」とエールを送っていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」