野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

2位阪神が行った戦力整理 功労者3人が退団、3人の元ドラフト1位が戦力外に

今季は3年ぶりの2位でシーズンを終えた阪神。終盤には巨人に独走を許したが、大山悠輔内野手は本塁打王争いに加わり、藤浪晋太郎投手は終盤リリーフから復活の兆しを見せるなど、来季に向けて楽しみな面も垣間見えたシーズンだった。

今季限りで阪神を退団した福留孝介(左)と能見篤史【写真:荒川祐史】
今季限りで阪神を退団した福留孝介(左)と能見篤史【写真:荒川祐史】

岡崎、伊藤隼らドラ1で入団の3人に戦力外通告

 今季は3年ぶりの2位でシーズンを終えた阪神。終盤には巨人に独走を許したが、大山悠輔内野手は本塁打王争いに加わり、藤浪晋太郎投手は終盤リリーフから復活の兆しを見せるなど、来季に向けて楽しみな面も垣間見えたシーズンだった。

【動画】「引退する選手じゃない」とファン驚愕 引退試合で阪神藤川が巨人坂本を空振り三振に仕留めた感動の場面

 その阪神も2005年以来の優勝を目指す来季に向けて戦力整理を敢行。支配下では藤川球児投手の引退に加え、14選手が退団ないし戦力外、自由契約となっている。

 長年チームを支えた藤川は現役を引退。昨オフの鳥谷敬内野手に続き、福留孝介外野手、能見篤史投手、上本博紀内野手と長年チームに貢献してきた3選手も今季限りで退団することに。他球団での現役続行を目指す。

 また、2004年自由獲得枠で入団した岡崎太一捕手、2011年ドラフト1位の伊藤隼太外野手、2014年ドラフト1位の横山雄哉投手といった“ドラ1”入団の3選手は戦力外通告を受けた。

【表】各球団発表、2020-2021年の引退、戦力外、補強、自由契約一覧

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」