野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

森友哉は4000万円減、高橋は2700万円増 西武は5選手が契約を更改

西武は9日、所沢市内の球団事務所で契約更改交渉を行った。昨季リーグMVPに輝いた森友哉捕手は4000万円ダウンとなる年俸1億6000万円、高橋光成投手は2700万円増の6700万円でサインするなど、5選手が契約を更改した。

会見に臨んだ西武・森、外崎、金子、高橋(左上から時計回り)【写真提供:埼玉西武ライオンズ】
会見に臨んだ西武・森、外崎、金子、高橋(左上から時計回り)【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

金子は複数年契約のため現状維持、外崎は1000万円ダウン

 西武は9日、所沢市内の球団事務所で契約更改交渉を行った。昨季リーグMVPに輝いた森友哉捕手は4000万円ダウンとなる年俸1億6000万円、高橋光成投手は2700万円増の6700万円でサインするなど、5選手が契約を更改した。

【動画】メジャーも注目? パを代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

○森友哉捕手(2億円→1億6000万円)

 昨季はリーグMVPに輝きながら、今季は開幕から不振が続いた森。打率.251、9本塁打38打点と大きく成績を落とし、チームも3年連続リーグ優勝を逃して3位に終わった。交渉を終えた森は「チームも3位で終わってしまいましたし、来年は頑張らなくてはならないです。本当にうまくいかなかったシーズンでした。試行錯誤したことなどが来年に活かされれば、と思います」と語っていた。

○金子侑司外野手(1億2600万円→1億2600万円)4年契約2年目

 今季は7月上旬に故障で離脱し、86試合の出場にとどまった。リードオフマンとしても期待されたが、打率.249、盗塁も14個に終わり、その役割を果たせなかった。昨オフに4年契約を結んでおり、現状維持でサインし「シーズンの初めに怪我をしてしまったのは自分の責任です、という話をしました。今年は全然走ることができなかったので、来年はもっと走ることができればと思います」と語った。

○外崎修汰内野手(1億4000万円→1億3000万円)

 源田と共に全試合に出場した外崎。ただ、打率.247、8本塁打43打点と前年から大きく打撃成績を落とす1年となった。1000万円ダウンで契約を更改し「全試合出場したこと、エラーが少なかったことやチーム状況に応じてやってくれたのが助かった、と言ってもらえて良かったです。打撃面は反省していますが、守備はすごく自身がついた1年だったので継続していきたいと思います」と今季を振り返っていた。

○高橋光成投手(4000万円→6700万円)
 20試合に先発してチームトップの8勝をマーク。後半戦には2度ノーヒットノーランに迫るなど、大黒柱としてチームを牽引した。2700万円アップでサインし「後半戦はいい形で投げることができたと思います。来年はもっと前半戦から頑張らなくてはならないですね。大崩れすることなく悪くても粘って投げることができました。ここは1年間ローテーションを守っていくうえで大事だと思いますので、来季は前半から(それが)できればと思います」と来季を見据えた。

○熊代聖人外野手(1200万円→1200万円)

 今季は主に守備固めとして38試合に出場、オフには取得したFA権を行使して西武に残留した。現状維持で契約を更改し「守備については『安心感がある』とお褒めの言葉をいただきました。より一層そこはもっとレベルアップしていきたいです。打撃の方はもっと内容のある打席にしていくことができればと思います」と話していた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」