野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神糸井は2億円超ダウン、日ハム斎藤佑は1250万円…9日の各球団、主な契約更改は?

プロ野球界では9日、複数の球団で契約更改交渉が行われた。巨人は丸佳浩外野手が東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉を行い、現状維持の年俸4億5千万円でサインした。丸は5年契約を結んでおり、来季はその3年目となる。

広島・鈴木誠也(左)と阪神・糸井嘉男【写真:荒川祐史】
広島・鈴木誠也(左)と阪神・糸井嘉男【写真:荒川祐史】

巨人の丸は現状維持4億5000万円、西武の森は4000万円減

 プロ野球界では9日、複数の球団で契約更改交渉が行われた。巨人は丸佳浩外野手が東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉を行い、現状維持の年俸4億5千万円でサインした。丸は5年契約を結んでおり、来季はその3年目となる。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 阪神では糸井嘉男外野手が兵庫県西宮市の球団事務所で契約交渉に臨み、今季の4億円から減額制限(1億円超は40%)を超える2億1500万円減の1億8500万円プラス出来高払いでサイン。広島の鈴木誠也外野手は3千万円増の年俸3億1千万円、大瀬良大地投手は2500万円減の年俸1億5千万円で契約を更改した。

 ソフトバンクでは大竹耕太郎投手が300万円減の2400万円、川原弘之投手が100万円増の1300万円、釜元豪外野手が100万円減の1200万円でそれぞれサイン。西武は森友哉捕手が4000万円減の1億6000万円、高橋光成投手が2700万円増の6700万円で来季の契約を結んだ。

 日本ハムの斎藤佑樹投手は350万円減の年俸1250万円で更改。今季は右肘を痛めた影響もあり、プロ入り後初めて1軍登板はなかった。DeNAでは平良拳太郎投手が1200万円増の3300万円でサインするなど4選手が契約を更改した。

【セ・リーグ】
○巨人
丸佳浩外野手(4億5000万円→4億5000万円)

○阪神
糸井嘉男外野手(4億円→1億8500万円)

○DeNA
平良拳太郎投手(2100万円→3300万円)
砂田毅樹投手(5600万円→4400万円)
伊勢大夢投手(1000万円→2100万円)
桑原将志外野手(6500万円→4875万円)

○広島
鈴木誠也外野手(2億8000万円→3億1000万円)
大瀬良大地投手(1億7500万円→1億5000万円)

【パ・リーグ】
○ソフトバンク
大竹耕太郎投手(2700万円→2400万円)
川原弘之投手(1200万円→1300万円)
釜元豪外野手(1300万円→1200万円)

○西武
森友哉捕手(2億円→1億6000万円)
金子侑司外野手(1億2600万円→1億2600万円)
外崎修汰内野手(1億4000万円→1億3000万円)
高橋光成投手(4000万円→6700万円)
熊代聖人外野手(1200万円→1200万円)

○楽天
茂木栄五郎内野手(8100万円→7400万円)

○日本ハム
斎藤佑樹投手(1600万円→1250万円)

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」