野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天島内、1億2000万円で4年契約 FA権行使せず「自信がなかった」

楽天の島内宏明外野手は11日、仙台市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、2000万円増の年俸1億2000万円プラス出来高でサイン。今季中で取得した国内FA権は行使せず、新たに来季からの4年契約を結んだ。(金額は推定)

会見に臨んだ楽天・島内宏明【写真提供:楽天野球団】
会見に臨んだ楽天・島内宏明【写真提供:楽天野球団】

「もっと野球がうまければFA宣言していたと思う」とも

 楽天の島内宏明外野手は11日、仙台市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、2000万円増の年俸1億2000万円プラス出来高でサイン。今季中で取得した国内FA権は行使せず、新たに来季からの4年契約を結んだ。(金額は推定)

【動画】メジャーも注目? パを代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

「4年後には35歳になっている。そこまで活躍できる超人的な体をゲットしたい」とおどけた。事実上の“生涯楽天”宣言といえるだろう。

 プロ9年目の左打ちのスラッガーは「まさか僕がプロで10年もやれるとは思っていなかった」と相変わらず控えめ。長期契約は球団が高く評価している証しだが、「もっと野球がうまければFA宣言していたと思う。そこまでの自信がなかった。(過去にFA権を行使した)浅村らの話も聞いたが、自分にはできないと思った。今年に至っては、全然調子が良くなくて、チームに迷惑をかけた」と語り「こんなに評価してくれるチームは他にない。シーズン中に残留は決めていた」と感謝の言葉も口にした。

 ユニークなコメントを連発したが、9年間のプロ生活を振り返り「ある程度コンスタントに貢献してきた感じだが、もっと大活躍しないと優勝に近づけない」と決意も新た。「2021年はキャリアハイの打率、本塁打、打点をマークしたい」と意欲を示した。

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」