野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

5位に沈んだ広島が行った戦力整理 戦力外はわずか3人、助っ人4人放出

2016年から3年連続でリーグ優勝を果たした広島だが、昨季は4位。そして、佐々岡真司監督が就任した今季は5位と2年連続でBクラスに沈んだ。

今季限りで広島を退団するクリス・ジョンソン、石原慶幸、小窪哲也(左から)【写真:荒川祐史】
今季限りで広島を退団するクリス・ジョンソン、石原慶幸、小窪哲也(左から)【写真:荒川祐史】

ベテランの石原慶が現役を引退、小窪は自由契約に

 2016年から3年連続でリーグ優勝を果たした広島だが、昨季は4位。そして、佐々岡真司監督が就任した今季は5位と2年連続でBクラスに沈んだ。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 巻き返しを図り、3年ぶりのV奪還に向けて、現在、戦力編成を進めている広島。すでにケビン・クロン内野手、ドビーダス・ネヴァラウスカス投手、カイル・バード投手と3人の助っ人の加入を発表し、着々と来季への体勢を整えている。

 その一方でこのオフは支配下の3選手に戦力外を通告。石原慶幸捕手は現役を引退し、小窪哲也内野手は現役としてプレーするために自ら退団を選択。育成のメナを含む4人の外国人を自由契約として放出し、戦力整理を行った。

 2014年のドラフト4位で入団した藤井皓哉投手は2018年に8試合に登板してプロ初勝利をマークしたが、今季は1軍登板なしに終わり、戦力外に。2017年ドラフト6位で入団した平岡は1軍登板はなく、プロ入りからわずか3年で戦力外通告を受けた。

 2011年のドラフト3位で入団し、プロ9年間で95試合に登板した戸田隆矢投手は今季は左肘の怪我で1軍登板なし。7月に左肘の靭帯再建手術を受け、育成選手として再契約して復帰を目指すことになった。

 助っ人では2015年に来日したクリス・ジョンソン投手が今季限りで退団に。来日1年目に14勝をマークし、防御率1.85で最優秀防御率のタイトルを獲得すると、2016年には15勝で沢村賞にも輝いた。6年間で4度の2桁勝利をマークしたが、今季は10試合で1勝もできず、0勝7敗に終わった。

 また、今季加入したばかりだったホセ・ピレラ外野手は99試合に出場し、打率.266、11本塁打34打点に終わり、自由契約に。エマイリン・モンティージャ投手も保留選手名簿には入らず、自由契約となった。
 
・支配下
石原慶幸捕手(引退)
藤井皓哉投手(戦力外)
戸田隆矢投手(戦力外)→育成再契約
平岡敬人投手(戦力外)
小窪哲也内野手(自由契約)
K・ジョンソン投手(自由契約)
E・モンティージャ投手(自由契約)
J・ピレラ外野手(自由契約)

・育成
A・メナ投手(自由契約)

【表】各球団発表、2020-2021年の引退、戦力外、補強、自由契約一覧

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」