野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA退団パットン、NPB他球団での現役続行も希望「日本に戻って別の球団で…」

DeNAを今季限りで退団したスペンサー・パットン投手が米ラジオ番組に出演。自身の去就について、「現時点では横浜に戻らないけど、日本でプレーする可能性を閉ざしてはいない。日本に戻って別の球団でプレーする機会を歓迎するし、メジャーリーグでの機会も歓迎する。今は両方のリーグの球団と話し合っていて、僕と家族にとってベストな選択をしたい」と来季NPB他球団でプレーする可能性を示唆した。

DeNAを退団したスペンサー・パットン【写真:津高良和】
DeNAを退団したスペンサー・パットン【写真:津高良和】

米ラジオ番組に出演「日本でプレーする可能性を閉ざしてはいない」

 DeNAを今季限りで退団したスペンサー・パットン投手が米ラジオ番組に出演。自身の去就について、「現時点では横浜に戻らないけど、日本でプレーする可能性を閉ざしてはいない。日本に戻って別の球団でプレーする機会を歓迎するし、メジャーリーグでの機会も歓迎する。今は両方のリーグの球団と話し合っていて、僕と家族にとってベストな選択をしたい」と来季NPB他球団でプレーする可能性を示唆した。

【動画】メジャーも注目? 日本を代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

 パットンは今季リーグ最多57試合に登板して3勝2敗19ホールド、防御率4.92をマーク。4年間で通算219試合登板して101ホールド。実績だけでなく、闘志あふれる投球で中継ぎ陣を牽引した。番組内では「米国では長打が重視される。日本ではバントや走塁、単打やインプレーにすることが重視される」など日本と米国の野球の違いを口にした。

 コロナ禍で開幕が遅れた今季については「長いシーズンだった。最初は調整が難しかったけど、大丈夫だった。たくさん投げたね。良いシーズンが送れた」と振り返った。DeNAで残した成績にも満足しているようだ。「セットアッパーとしてホールドを記録することが僕の役割だった。クローザーに繋ぐことに毎年励んだ。通算100ホールドを超えたよ。ベイスターズで100ホールドを記録した最初の外国人になったことはクールだった。ベイスターズで史上2人目でもあったんだ。そうした記録を残すことができたのはクールだった」。

 また、日本のプロ野球について「優れた選手たちがいる。投手はもちろん打者も良い。素晴らしい投手たちはメジャー移籍しているしね。厳しいリーグだ」と紹介。DeNAのブルペン陣についても触れ、「ヤスアキ・ヤマサキは通常すごく圧倒的で、毎年セ・リーグでトップのクローザー。今季は少し不調だったんだ。カズキ・ミシマが代役を務め、すごく良い仕事をした」と元チームメートを称えている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」