野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人移籍の井納の穴をどう埋める? DeNA“ポスト井納”を期待したい若手投手は…

DeNAから国内フリーエージェント権を行使した井納翔一投手の巨人への移籍が決まった。三浦大輔監督の就任1年目となる来季は、今季開幕から先発ローテを守った通算50勝右腕を欠いた船出となる。

DeNA・坂本裕哉(左)と京山将弥【写真:津高良和、荒川祐史】
DeNA・坂本裕哉(左)と京山将弥【写真:津高良和、荒川祐史】

開幕から先発ローテを守った井納が巨人へFA移籍

 DeNAから国内フリーエージェント権を行使した井納翔一投手の巨人への移籍が決まった。三浦大輔監督の就任1年目となる来季は、今季開幕から先発ローテを守った通算50勝右腕を欠いた船出となる。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ただ、近年、ドラフトで獲得した若手投手たちが頭角を表しており、まだまだ期待の若手選手が多い。そこで“ポスト井納”として期待したい来季のブレーク候補をピックアップしていきたい。

○坂本裕哉

 2019年ドラフト2位でDeNA入り。ルーキーイヤーの今季はキャンプで1軍に抜擢されると、オープン戦で結果を残し、6月25日の中日戦(横浜)で1軍デビューした。6回1安打無失点の好投でリーグ新人白星一番乗り。故障から復帰した9月8日の1軍再昇格後は先発ローテーションの一角を務めた。今季は10試合登板、4勝1敗、防御率5.67。来季は1年間ローテを守り、飛躍が期待される。

○京山将弥

 2016年ドラフト4位でDeNA入りした。今季は開幕から2軍調整が続き、9月6日の広島戦(マツダ)で今季初登板。5回6安打5失点だったが、味方の援護もあって2年ぶりの勝利を挙げた。10月23日の広島戦(横浜)では5回2死まで無安打投球。6回2安打無失点で2勝目を挙げた。今季1軍では6試合登板(5先発)で2勝1敗、防御率4.66。高卒5年目の来季は2年ぶりの開幕ローテ入りが期待される。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」