野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA、6年目・山下幸輝の背番号変更を発表 「38」から「66」

DeNAは15日、山下幸輝内野手の背番号が「38」から「66」に変更となると発表した。

DeNA・山下幸輝【写真:編集部】
DeNA・山下幸輝【写真:編集部】

66番は石井琢朗がプロ1年目の89年から92年まで付けていた

 DeNAは15日、山下幸輝内野手の背番号が「38」から「66」に変更となると発表した。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 山下は14年ドラフト5位でDeNA入り。入団時から38番を付けていた。6年目の今季は39試合出場し、打率.209、0本塁打、1打点だった。

 横浜の背番号「66」は浅利光博が1977年から85年まで、石井琢朗(現巨人野手総合コーチ)がプロ1年目の1989年から92年まで付けていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」