野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日・木下拓がバッテリー賞で爆笑会見 「大野さんは出ていきそうな雰囲気あった」

「2020プロ野球最優秀バッテリー賞 powerd by DAZN」の表彰式が16日、都内のホテルで開かれ、セ・リーグは中日の大野雄大投手-木下拓哉捕手が初受賞。各選手に賞金100万円と副賞が贈られた。

プロ野球最優秀バッテリー賞の授賞式に参加した中日・大野雄大(左)と木下拓哉【写真:宮脇広久】
プロ野球最優秀バッテリー賞の授賞式に参加した中日・大野雄大(左)と木下拓哉【写真:宮脇広久】

中日勢9年ぶり「吉見-谷繁の域には達していない」

「2020プロ野球最優秀バッテリー賞 powerd by DAZN」の表彰式が16日、都内のホテルで開かれ、セ・リーグは中日の大野雄大投手-木下拓哉捕手が初受賞。各選手に賞金100万円と副賞が贈られた。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 木下拓は「シーズン途中には、少し大野さんがどこかへ出ていきそうな雰囲気がありましたが、来年も残るということなので、また2人で取れるように頑張りたい」。大野雄が今季取得した国内FA権を行使せず残留を決めたことに引っ掛け、会場の笑いを誘った。

 大野雄は今季、11勝6敗、防御率1.82、148奪三振で最優秀防御率と最多奪三振の2冠に輝き、沢村賞も受賞した。20試合登坂したうち、18試合で木下拓とバッテリーを組み、11勝5敗、防御率1.30と抜群の相性を示した。5年目の木下拓は自己最多の88試合に出場し、正捕手争いから一歩抜け出した。盗塁阻止率は両リーグを通じてトップの.455をマークした。

 両リーグを通じて断トツの10完投も記録した大野雄は、副賞の1つが乾電池320本であることから、「シーズン終盤にはスタミナ切れを起こしそうになった。来年は背中から乾電池を入れて、延長12回くらい投げたい」と笑わせた。成長著しい木下拓については、「相手打者のことがよく見えるようになったと思う。毎球バッターの反応を見ながら配球を考えている感じだった」と評した。

 中日バッテリーの受賞は、2011年の吉見一起投手─谷繁元信捕手以来9年ぶり。大野雄は「その年は吉見さんが最多勝を取られて、優勝もされている。日本を代表するバッテリーだった。自分たちはそこまで達していない。来年はチームを優勝へ向けて引っ張りたい」と思いを新たにした。

 一方、パ・リーグはソフトバンクの千賀滉大投手と甲斐拓也捕手が初受賞。大野雄は「向こうは日本一のバッテリー。来年は日本シリーズ第1戦で、僕と木下拓のバッテリーで対戦して勝つことを目標にする」と宣言した。

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」