野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神、5年連続でベストナイン選出無し 95年から99年に続く球団ワーストタイ

日本野球機構は16日、セパ両リーグの今季の「ベストナイン」を発表した。セ・リーグを制した巨人から菅野智之投手、大城卓三捕手、岡本和真内野手、坂本勇人内野手、丸佳浩外野手と最多の5人が選出。4年連続で日本一となったソフトバンクからは千賀滉大投手、甲斐拓也捕手、柳田悠岐外野手の3人が選ばれた。

阪神・矢野燿大監督【写真:荒川祐史】
阪神・矢野燿大監督【写真:荒川祐史】

今年のベストナインで選出ゼロだったのは阪神と中日、ロッテの3球団

 日本野球機構は16日、セパ両リーグの今季の「ベストナイン」を発表した。セ・リーグを制した巨人から菅野智之投手、大城卓三捕手、岡本和真内野手、坂本勇人内野手、丸佳浩外野手と最多の5人が選出。4年連続で日本一となったソフトバンクからは千賀滉大投手、甲斐拓也捕手、柳田悠岐外野手の3人が選ばれた。

【動画】「引退する選手じゃない」とファン驚愕 引退試合で阪神藤川が巨人坂本を空振り三振に仕留めた感動の場面

 セ・リーグでは巨人の5人を筆頭に、広島が菊池涼介内野手と鈴木誠也外野手の2人、DeNAが佐野恵太外野手、ヤクルトが村上宗隆内野手と1人ずつ選出。パ・リーグはソフトバンクの3人に続き、楽天が浅村栄斗内野手と鈴木大地内野手、西武が源田壮亮内野手と栗山巧外野手、日本ハムが中田翔内野手と近藤健介外野手の2人ずつで続き、オリックスは吉田正尚外野手の1人に。中日と阪神、ロッテからは選出無しとなった。

 中日は昨年までダヤン・ビシエド内野手が2年連続で、ロッテも昨年は荻野貴司外野手がベストナインに選ばれており、2年連続で受賞者無しは阪神だけに。阪神は鳥谷敬内野手(現ロッテ)、福留孝介外野手が受賞した2015年以来、ベストナイン選出者がおらず、これで5年連続での選出者なしとなった。

 阪神は1995年から1999年の間も5年連続でベストナイン選出者はゼロで、これで球団ワーストタイとなった。他球団では近鉄が1950年から1959年まで10年連続、広島が1951年から1958年まで8年連続選出なしというのがあるが、2000年以降では、阪神の5年連続がワーストとなる。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」