野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

セイバー指標で選ぶベストナインは? パ・リーグは3人が実際とは異なる顔ぶれに

日本野球機構は16日、セパ両リーグの今季の「ベストナイン」を発表した。セ・リーグを制した巨人から菅野智之投手、大城卓三捕手、岡本和真内野手、坂本勇人内野手、丸佳浩外野手と最多の5人が選出。セ・リーグ9人、パ・リーグ10人の受賞者は17日に行われる「NPBアワード」で表彰される。

日本ハム・西川遥輝、オリックス・山本由伸、ロッテのレオネス・マーティン(左から)【写真:石川加奈子、荒川祐史】
日本ハム・西川遥輝、オリックス・山本由伸、ロッテのレオネス・マーティン(左から)【写真:石川加奈子、荒川祐史】

代替可能選手と比べてどれだけ勝利を上積みしたかを表す「WAR」で検証

 日本野球機構は16日、セパ両リーグの今季の「ベストナイン」を発表した。セ・リーグを制した巨人から菅野智之投手、大城卓三捕手、岡本和真内野手、坂本勇人内野手、丸佳浩外野手と最多の5人が選出。セ・リーグ9人、パ・リーグ10人の受賞者は17日に行われる「NPBアワード」で表彰される。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 ベストナインは新聞社、通信社、放送局のプロ野球記者で取材歴5年以上のキャリアを持つ者による投票で選ばれるが、では統計上で今季、チームに大きく貢献したのは、どの選手だったのだろう? そこで野球を科学的に分析するセイバーメトリクスにおいて、打撃、走塁、守備、投球を総合的に評価して選手の貢献度を表す指標である「WAR」を用い、セイバーメトリクス指標で選ぶベストナインを挙げてみたい。

 検証のデータはセイバーメトリクスの指標を用いて分析などを行う株式会社DELTA(https://1point02.jp/)のデータを参照した。「WAR」は「そのポジションの平均以下の代替可能選手に比べて、どれだけ勝利数を上積みしたか」を統計的に推計した指標となり、より数値が大きいほど、勝利への貢献度が大きいとされる。

 今回はパ・リーグを見ていきたい。

【パ・リーグ】
投手 山本由伸(オリックス)5.0
捕手 甲斐拓也(ソフトバンク)3.0
一塁手 中田翔(日本ハム)1.8
二塁手 浅村栄斗(楽天)5.4
三塁手 鈴木大地(楽天)1.2
遊撃手 源田壮亮(西武)4.8
外野手 柳田悠岐(ソフトバンク)8.4
外野手 西川遥輝(日本ハム)4.1
外野手 L・マーティン(ロッテ)4.0
指名打者 近藤健介(日本ハム)4.2

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」