野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

山本昌、岩瀬、福留、山井…「現役最年長」が多い中日、大ベテラン在籍の“影響”とは

中日に来季14年ぶりに戻ってくることが決まった福留孝介外野手。今季に続き、現役最年長としてチームを支えることになりそうだ。中日では山井大介投手も現役を続行し、“投打”で最年長者が在籍することに。近年を振り返ってみても40歳以上が多くプレーしてきた中日。大ベテランがもたらす影響とは――。

中日への復帰が決まった福留孝介【写真:荒川祐史】
中日への復帰が決まった福留孝介【写真:荒川祐史】

14年ぶり古巣復帰の福留が現役最年長の見通し、投手では山井が最年長

 中日に来季14年ぶりに戻ってくることが決まった福留孝介外野手。今季に続き、現役最年長としてチームを支えることになりそうだ。中日では山井大介投手も現役を続行し、“投打”で最年長者が在籍することに。近年を振り返ってみても40歳以上が多くプレーしてきた中日。大ベテランがもたらす影響とは――。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 福留は今季43試合出場で1本塁打、12打点、打率.154にとどまり、8年間在籍した阪神を退団。44歳を迎える来季は、プロ入りからメジャー挑戦まで9年間過ごした名古屋に戻ってくることになった。福留の1歳下になる山井は今季6試合登板で未勝利に終わったが、現役続行の道を選んだ。

 中日と現役最年長は、この10年を見ても縁が深い。2011年シーズンに山本昌が46歳で最年長となると、50歳になる2015年まで現役を続けた。その年は谷繁元信が45歳、和田一浩が43歳、小笠原道大が42歳、岩瀬仁紀が41歳と“オーバー40”が多くチームに在籍。さらに2017年からは岩瀬が現役最年長となり、44歳となった2018年限りで引退した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」