野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DH制は「投手が決められる権利に」 セ導入議論で専門家が提案、柔軟に魅力を

巨人が来季のDH制暫定導入を14日のセ・リーグ理事会に提案したが、議論はされず、前に進むことはなかった。新型コロナウイルスの影響が残る中、投手の負担軽減や見ているファンへの楽しい野球の提供などメリットはある。来季中の導入に異論もある中で巨人で活躍し、打撃コーチなどを歴任した篠塚和典氏は投手がDHの使用を選択できる制度するなど、私案を披露した。

巨人・原辰徳監督【写真:荒川祐史】
巨人・原辰徳監督【写真:荒川祐史】

元巨人の篠塚和典氏による「DH導入論」とは?

 巨人が来季のDH制暫定導入を14日のセ・リーグ理事会に提案したが、議論はされず、前に進むことはなかった。新型コロナウイルスの影響が残る中、投手の負担軽減や見ているファンへの楽しい野球の提供などメリットはある。来季中の導入に異論もある中で巨人で活躍し、打撃コーチなどを歴任した篠塚和典氏は投手がDHの使用を選択できる制度するなど、私案を披露した。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 篠塚氏は以前、元巨人・クロマティ氏とのFull-Countの対談でDH制導入は肯定的だった。野手1人の出場機会が増えることで選手のモチベーションが上がる点、守る側からすると気の抜けない打者が続くため、投手が育っていく点などを挙げてもらった。

「打者のやりがいは増えると思います。打線も活発になる。あとはどうしても、走・攻・守の三拍子が揃った選手しかレギュラーになれなかったものが、守備、走塁に目をつぶっても、ものすごいバッティングをする選手を生かせるという利点もあると思います」

 打力が上がれば、それを抑えようと、投手力が上がる。その相乗効果に期待はできる。DH制導入で代打の数が減少する懸念の声もあるが、指名打者を3~4人で回すこともできる。守備に就く選手と指名打者をうまく使い分けることができれば、起用の幅は広がる。チームそれぞれに考えがあっていい。

 巨人時代、篠塚氏はDHでの起用はない。ただ、西武や近鉄らとの日本シリーズでチームはDH制となり、多くの選手が出場した。シーズン中は外野のレギュラーだった吉村禎章氏や台湾出身の呂明賜氏らが起用された。

「やはり打のパ・リーグに勝つためですから、チームは攻撃的になりますよね。自然と打力は上がっていきました。代わりに守りに入れる選手もいた。そういう面白さは出ている選手にもありました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」