野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

遊撃に楽天新人・小深田、外野にハム西川 打撃指標だけで選ぶパのベストナインは?

NPBから発表された2020年度のセパ両リーグのベストナイン。巨人から最多の5選手、ソフトバンクからはパ・リーグ最多の3選手が選出された。

楽天・小深田大翔(左)と日本ハム・西川遥輝【写真:荒川祐史】
楽天・小深田大翔(左)と日本ハム・西川遥輝【写真:荒川祐史】

選手の得点創出力を示す指標「wRC+」を用いて選出

 NPBから発表された2020年度のセパ両リーグのベストナイン。巨人から最多の5選手、ソフトバンクからはパ・リーグ最多の3選手が選出された。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 記者投票によって選ばれるベストナインだが、その基準は実際、判然としない。守備の名手が選ばれる賞としてゴールデングラブ賞があるのだから、ベストナインは攻撃面だけの賞と言えそうだが、実際はゴールデングラブ賞が打撃成績に影響され、逆にベストナインが守備成績に影響されている部分も見受けられる。

 以前に攻撃、守備、走塁、投球など全ての面を総合した勝利貢献度の指標「WAR」を用いて、両リーグのベストナインを選んだ。では、打撃面だけに特化した場合に、セイバーメトリクスの指標でベストナインを選ぶと、どうなるのだろうか。

 そこで、ここでは選手の得点創出力を示す指標「wRC+」を用いて検証する。検証のデータは、セイバーメトリクスの指標を用いて分析などを行う株式会社DELTAのデータを参照した。「wRC+」は打席当たりの得点創出の多さを評価する指標で、平均的な打者が「100」となる。球場による影響(パークファクター)に対する補正も行われており、条件を中立にした中で得点創出能力が測れるとされる。

 なお、メジャーリーグでは打撃面だけでベストナインを選ぶ「シルバースラッガー賞」がある。今回はこれに当たるようなものだと考えてもらえればいい。ある程度シーズンを通じて試合に出た選手に対象を絞るために今季350打席以上に立った選手に限定した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」