野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

MVP&新人王での少数投票は? ヤクルト清水やロッテ藤原も1票を得票

日本野球機構(NPB)は17日、都内で「NPBアワード2020 supported by リポビタンD」を開催した。最優秀選手には巨人の菅野智之投手、ソフトバンクの柳田悠岐外野手が選ばれ、新人王には広島の森下暢仁投手と西武の平良海馬投手が選出された。

ロッテ・藤原恭大(左)とヤクルト・清水昇【写真:荒川祐史】
ロッテ・藤原恭大(左)とヤクルト・清水昇【写真:荒川祐史】

MVPは柳田と菅野、新人王には森下と平良が選ばれる

 日本野球機構(NPB)は17日、都内で「NPBアワード2020 supported by リポビタンD」を開催した。最優秀選手には巨人の菅野智之投手、ソフトバンクの柳田悠岐外野手が選ばれ、新人王には広島の森下暢仁投手と西武の平良海馬投手が選出された。

【一覧】セは圧倒的、パは大接戦…2020年NPB新人王得票数

 新人王とMVPは記者投票によって決まる。新聞社、通信社、放送局でプロ野球の取材歴5年以上のキャリアを持つ記者に投票資格が与えられる。新人王は相応しいと思う選手1人に投票、MVPは1位、2位、3位に相応しいと思う選手それぞれに票を投じる。1位は5点、2位は3点、3位には1点が与えられ、合計点数の最も高い選手がMVPとなる。

 セ・リーグの新人王は、ルーキーながら2桁10勝をマークした森下に投票総数313票のうち、303票が投じられて圧倒的な大差で選出。パ・リーグでは平良と楽天の小深田大翔内野手との大接戦に。投票総数277票のうち、平良は144票を得票し、小深田は125票。その差はわずか19票という僅差での決着となった。

 また、新人特別賞を受賞した巨人の戸郷翔征投手も9票を得票。最優秀中継ぎのタイトルを獲得したヤクルトの清水昇投手にも1票が投じられた。一方のパ・リーグではロッテで4番を任された安田尚憲内野手に7票が投じられ、藤原恭大外野手にも1票が入っていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」