捕手は中日木下拓、中堅は阪神近本…データの専門家が選ぶ守備のベストナインは?

中日・木下拓哉(左)と阪神・近本光司【写真:荒川祐史、津高良和】
中日・木下拓哉(左)と阪神・近本光司【写真:荒川祐史、津高良和】

データ分析を手がける「株式会社DELTA」が「FIELDING AWARDS」を選出

 野球のデータ分析を手がける株式会社DELTA(https://1point02.jp/)は、2020年の日本プロ野球での野手の守備における貢献をポジション別に評価し表彰する「1.02 FIELDING AWARDS 2020」を選出した。これはデータを用いて各ポジションで優れた守備を見せた選手――いうならば「データ視点の守備のベストナイン」を選出するものとなる。

○評価の対象選手
シーズン500イニング以上を守った選手

○選出方式
9人のアナリストがそれぞれの評価に基づき、対象選手に1位=10ポイント、2位=9ポイント…10位=1ポイント、11位以下は0ポイントといった形で採点し、合計ポイントがポジション内で最も高かった選手を選出。

 以下が今季の選出選手となる。

捕手:木下拓哉(中日)

 捕手の1位は木下拓哉となりました。木下は今季初めてシーズン500イニング以上をクリアし評価の対象となった選手ですが、アナリスト9名のうち8名から1位票を獲得し88点を獲得しています。捕手については、2018年よりDELTA取得の投球データを使ったフレーミングも一部アナリストは評価の対象としています。

 木下拓はこのフレーミング評価で他の追随を許さぬ圧倒的な成績を残しました。捕手にはほかにも、盗塁阻止などさまざまな能力が求められますが、ほかの要素では覆しきれないほどの圧倒的な大差をつけたことが、木下拓がトップの評価となった最大の理由となったようです。中日投手陣躍進の裏に、木下拓のフレーミングがあると評価するアナリストもいました。

 また、4年連続日本一を支えた甲斐(ソフトバンク)はほかの項目では好成績を残しましたが、フレーミングがマイナス評価で4位に。ほかには大城卓三(巨人)や梅野隆太郎(阪神)など、セ・リーグの捕手の健闘が目立つというコメントもありました。

一塁手:ダヤン・ビシエド(中日)

 一塁手も木下と同じ中日のダヤン・ビシエドがトップに。ただ大差をつけて1位となった木下とは異なり、こちらは2位の村上宗隆(ヤクルト)とわずか4ポイント差の接戦でした。1位票が3選手に割れたのはこの一塁手だけ。村上のほかに中島宏之(巨人)も高評価を得ました。

 ビシエドはUZRの要素の1つである打球処理評価(RngR)において、対象一塁手トップの4.1を記録。守備範囲の広さだけでなく、失策抑止を通じた貢献を表す指標ErrRでも一塁手トップと、打球を堅実に範囲広く守ることで評価を高めていたようです。一塁手特有のプレーであるワンバウンド送球を処理するプレーを評価に組み込むほか、打者の左右別の打球傾向の違いに注目し、分析を行ったアナリストもいます。

二塁手は西武の外崎、三塁手は巨人の岡本が圧倒的な高評価

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY