野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテが二木、安田ら4選手の“お絵かきグッズ”を販売「非常に面白い絵になった」

ロッテは19日、二木康太投手、小島和哉投手、佐藤都志也捕手、安田尚憲内野手の4選手が描いたイラストをグッズ化し、27日までマリーンズオンラインストア限定で受注販売すると発表した。

レザーマウスパッドのサンプル(絵は二木康太作)【画像提供:千葉ロッテマリーンズ】
レザーマウスパッドのサンプル(絵は二木康太作)【画像提供:千葉ロッテマリーンズ】

レザーマウスパッド、ハンドタオルなど7種を受注販売する

 ロッテは19日、二木康太投手、小島和哉投手、佐藤都志也捕手、安田尚憲内野手の4選手が描いたイラストをグッズ化し、27日までマリーンズオンラインストア限定で受注販売すると発表した。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 4選手は5日に行われたファン感謝番組「マリンフェスタTV」内の企画「お絵描き力No.1決定戦 supported by LOTTE」に参加。企画は制限時間3分以内でプレーしている自分全身を描くというルールで実施され、二木が「お絵描き力No.1」に選ばれた。なお、二木のイラストはフォークボールを投げている様子が描かれており、グッズ化にあたってイラストからイメージされた背景や本人のサイン(プリント)等を追加している。

 販売される商品はレザーマウスパッド(1500円)、ハイブリッドハンドタオル(880円)、アクリルキーホルダー(600円)、額縁マグネット(600円)、巾着(1200円)、ピクチャーボード(1200円)、マルチスマホケース(集合デザインのみ、3000円)。2月中旬から下旬の商品到着を予定している。マリーンズ広報室は「それぞれの選手の個性が出ていて非常に面白い絵になったと思います。各選手とも3分という制限時間を考えると世に出すのは厳しい絵になるのではと危惧をしていましたが、みんな上手だったと思います」とコメントした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」