野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

菅野智之は「エリートレベル」 元燕バーネット氏が語るダルビッシュらとの共通点

2010年から6年間ヤクルトに在籍し、2度の最多セーブのタイトルを獲得したトニー・バーネット氏。ヤクルト退団後はレンジャーズ、カブスでもプレーし、2019年シーズンを限りに現役を引退し、今年からヤクルトの編成部アドバイザーを務めている。そのバーネット氏はポッドキャスト番組「バットフリップス・アンド・ナーズ」に出演。カブス・ダルビッシュ有投手やヤンキースFAの田中将大投手だけでなく、巨人からメジャー移籍を視野にポスティング申請した菅野智之投手を「エリートレベル」と高く評価した。

巨人・菅野智之【写真提供:読売巨人軍】
巨人・菅野智之【写真提供:読売巨人軍】

ヤクルト編成部アドバイザー・バーネット氏「1球種にバリエーションを持っている」

 2010年から6年間ヤクルトに在籍し、2度の最多セーブのタイトルを獲得したトニー・バーネット氏。ヤクルト退団後はレンジャーズ、カブスでもプレーし、2019年シーズンを限りに現役を引退し、今年からヤクルトの編成部アドバイザーを務めている。そのバーネット氏はポッドキャスト番組「バットフリップス・アンド・ナーズ」に出演。カブス・ダルビッシュ有投手やヤンキースFAの田中将大投手だけでなく、巨人からメジャー移籍を視野にポスティング申請した菅野智之投手を「エリートレベル」と高く評価した。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 なぜ日本球界のエースはメジャーでも活躍できるのか。日米通算387登板を誇るバーネット氏はダルビッシュ、田中、菅野が持つ“特殊能力”を指摘した。

「スガノ、タナカ、ダルビッシュのような投手は1球種にバリエーションを持っていると思う。キュウジ・フジカワを覚えてる? オールスターの時に『2種類のスプリットを投げている』と言っていた。スプリットが2つの方向に動くと。そのように操れるのはエリートレベル。全ての投手がそれを目指している。そうしたことをマスターしているのがダルビッシュ、スガノ、タナカ、バウアーだよ」

 レンジャーズ時代に間近に見てきたからだろうか。同僚だったダルビッシュに対する評価は高い。「ダルビッシュは誰よりもうまくボールをスピンさせる。カウントが深くなるから、見ていてイライラする人たちがいるのも理解できるけど、日本に行けば、多くの投手がそうだ。彼らのスタイルなんだよ」と魔術師ぶりを称賛。レンジャーズでは元日ハムのマーティン、元広島のルイスともチームメートだった。「クリス・マーティンやコルビー・ルイスが有名だね。コルビーと話すのが好きだ。彼とユウ・ダルビッシュが話したりしていたけど、ダルビッシュはかなり面白い男だよ」と振り返った。

 ヤクルト時代の同僚で、米球界からも注目を集めていた山田哲人についても言及した。「7年契約をしたばかりだから、近いうちにこっちに来ることはないよ。でも、特別な男だ。俊足で、本当に良いスイングをする。投手にとっては、甘く入れば致命的。彼のプレーは見ていて楽しいよ。二塁の守備も優れている。良い男だよ。物静かだね。そこまで大きいというわけじゃないのに、かなりのパワーを持っている」。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」