野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

筆頭は燕奥川、ロッテ佐々木朗は? 専門家がブレークを期待する有望株リスト

今年のプロ野球は新型コロナウイルスの感染拡大で、レギュラーシーズンが120試合に削減されるなど異常事態に見舞われたが、2021年へ向けて成長が期待される若手たちはしっかり芽吹いていた。現役時代にヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で通算21年間も捕手として活躍した野口寿浩氏が推奨するプロスペクト(期待の若手)は──。

ヤクルトの奥川恭伸(左)とロッテの佐々木朗希【写真:荒川祐史】
ヤクルトの奥川恭伸(左)とロッテの佐々木朗希【写真:荒川祐史】

現役生活21年の野口寿浩氏が期待する有望株、阪神井上は「甲子園の浜風に乗せて本塁打を量産できる」

 今年のプロ野球は新型コロナウイルスの感染拡大で、レギュラーシーズンが120試合に削減されるなど異常事態に見舞われたが、2021年へ向けて成長が期待される若手たちはしっかり芽吹いていた。現役時代にヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で通算21年間も捕手として活躍した野口寿浩氏が推奨するプロスペクト(期待の若手)は──。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

「まず奥川は外せません」と野口氏。昨夏の甲子園で星稜高を準優勝に導き、ドラフト1位で入団した奥川恭伸投手は、プロ1年目の今季、2月の新人合同自主トレで右肘に炎症を起こして出遅れたものの、2軍のイースタン・リーグでは7試合に登板し1勝1敗、防御率1.83。自己最速タイの154キロを計測するなど調子を上げた。ただ、唯一の1軍登板となった11月10日の広島戦では、先発して2回9安打5失点KOを喫し、敗戦投手となった。

「1軍デビュー戦が異例の11月のナイターになってしまったのは気の毒。寒過ぎました」と野口氏は奥川を擁護。「来年は開幕からバンバン投げてほしい」と期待する。野口氏にとって古巣の1つであるヤクルトは、今季のチーム防御率が2年連続リーグワーストの4.61だったのに加え、10勝8敗と気を吐いたエース小川が国内FA権を行使し、移籍する可能性もある。19歳の奥川に過度の負担をかけるわけにはいかないが、「チームはとにかくピッチャーが足りない。救世主になってほしい」と願わずにいられない。

 セ・リーグの打者では、昨夏の甲子園で奥川を攻略し全国制覇を果たした履正社高の右の大砲で、ドラフト2位で阪神入りした井上広大外野手の名前を真っ先に挙げた。1年目にして10月14日に1軍昇格を果たすと、同21日に本拠地・甲子園で行われたヤクルト戦で、プロ初安打を適時二塁打で飾り、お立ち台にも上がった。今季1軍で放ったヒットはこれ1本に終わった(打率.091)が、スター性は十分うかがわせた。

「阪神は甲子園を本拠地とする以上、特有の浜風に乗せてレフトへホームランを量産できる右の長距離砲が、主軸を務めることが望ましい。大山とともにチームを牽引する打者になってほしい」と野口氏は言う。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」