野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • メジャー今季総年俸はコロナ禍で2600億円の大幅減 世界一のドジャースが1位

メジャー今季総年俸はコロナ禍で2600億円の大幅減 世界一のドジャースが1位

今シーズンのメジャー30球団の選手年俸総額が昨年の42億2000万ドル(約4400億円)からコロナ禍により17億5000万ドル(約1800億円)まで激減したことが分かった。AP通信が伝えている。

MLBの総年俸がコロナ禍で大幅減となった【写真:AP】
MLBの総年俸がコロナ禍で大幅減となった【写真:AP】

コロナ禍でシーズン60試合制、無観客など収入が激減、選手年俸も37%が支給

 今シーズンのメジャー30球団の選手年俸総額が昨年の42億2000万ドル(約4400億円)からコロナ禍により17億5000万ドル(約1800億円)まで激減したことが分かった。AP通信が伝えている。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 メジャーリーグは今季、新型コロナウイルスの感染拡大を受け無観客、60試合制で行われ収入が激減。球団別でみるとワールドシリーズを制したドジャースがトップで9860万ドル(約101億円)だったが、これは過去20年間のトップ球団の総年俸としては最低額となった。

 シーズン前には大リーグ機構と選手会が協議し年俸は通常年俸の37%が支給されることが決まっていた。また、今季の総年俸最下位チームはオリオールズで2350万ドル(約24億2800万円)だった。

(Full-Count編集部=AP)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」