野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNAのチア「diana」目指す女性たちの奮闘 “難題”オーディションに独占潜入

DeNAの戦いをダンスや歌で後押しするオフィシャルパフォーマンスチーム「diana(ディアーナ)」の来季メンバー18人が、14日に発表された。本拠地・横浜スタジアムのグラウンドで笑顔を届ける彼女たち。華やかな舞台にたどり着いた裏には、狭き門の厳しい選考過程があった。Full-Countでは、今月行われたオーディションを独占取材。受験者たちの奮闘を追った。

DeNAオフィシャルパフォーマンスチーム「diana」のオーディションに独占潜入【写真:松本洸】
DeNAオフィシャルパフォーマンスチーム「diana」のオーディションに独占潜入【写真:松本洸】

2次審査は“難題”の実技…1分の振り付けを30分で覚えて披露

 DeNAの戦いをダンスや歌で後押しするオフィシャルパフォーマンスチーム「diana(ディアーナ)」の来季メンバー18人が、14日に発表された。本拠地・横浜スタジアムのグラウンドで笑顔を届ける彼女たち。華やかな舞台にたどり着いた裏には、狭き門の厳しい選考過程があった。Full-Countでは、今月行われたオーディションを独占取材。受験者たちの奮闘を追った。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 換気のためスタジオの窓が開け放たれているにもかかわらず、室内には熱気が満ちていた。2次審査には約90人が参加。1分余りの振り付けをわずか30分で覚えて披露する実技が待っていた。しかもヒップホップやジャズなど3ジャンルのダンスが取り入れられた“難題”。自らのゼッケン番号が呼ばれるまで、マスク姿の受験者たちは懸命に手足の動きを確認していた。

 来季で16年目を迎えるdiana。高いダンス技術が求められる一方で、チームとしての協調性や一体感も重視する。例年は全国各地から約300人の応募があり、合格するのは20人前後。それでも目指す女性は多く、過去には「どうしてもdianaになりたいんです!」と、5度挑戦した人もいたという。現役メンバーも安泰ではなく、継続するためにはオーディションを受けなければいけない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」