野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・柳田悠岐を球団GMも大絶賛 6.1億円更改に「見合った金額じゃないかと」

ソフトバンクの柳田悠岐外野手が23日、本拠地PayPayドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、4000万円増となる年俸6億1000万円で来季の契約にサインした。6億1000万円は2002年の松井秀喜氏(巨人、6億1000万円)に並ぶ日本人野手史上最高年俸となった。(金額は全て推定)

会見に臨んだソフトバンク・柳田悠岐【写真:代表撮影】
会見に臨んだソフトバンク・柳田悠岐【写真:代表撮影】

「もう本当に素晴らしい活躍。日本一に1番貢献してくれた中の1人と評価」

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が23日、本拠地PayPayドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、4000万円増となる年俸6億1000万円で来季の契約にサインした。6億1000万円は2002年の松井秀喜氏(巨人、6億1000万円)に並ぶ日本人野手史上最高年俸となった。(金額は全て推定)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 柳田は昨年オフに年俸5億7000万円で7年契約を結び、今季がその1年目。年俸は変動制となっており、シーズンの結果に応じた出来高分が翌年の基本年俸に上乗せされる。今季はチームの中心として119試合に出場して打率.342、29本塁打86打点と好成績を残し、最多安打のタイトルを獲得。3年ぶりのリーグ優勝、4年連続の日本一にも貢献し、自身2度目となるパ・リーグMVPにも輝いた。

 交渉後にはソフトバンクの三笠杉彦取締役GMも報道陣に対応。今季の柳田の活躍について「もう本当に素晴らしい活躍だったと思います。MVPもとりましたんで、彼の評価もそうですし、球団内部の評価も素晴らしい。日本一に1番貢献してくれた中の1人と評価しています」と、手放しで絶賛した。

 球界の日本人野手史上で最高額となる6億1000万円での契約に対しては「僕らは年俸の額については答えませんが、我々としては最高の活躍をしてくれましたし、それに見合った金額じゃないかと思います」と話していた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」