野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

球界揺るがした小久保裕紀の無償トレード…非情通告した身に残り続ける苦渋の思い

2020年のプロ野球はソフトバンクが圧倒的な強さを見せつけ日本シリーズ4連覇を飾った。投打でスター選手を揃え12球団随一の育成力で“常勝軍団”を作り上げたが、ホークスの福岡移転となった1988年は苦しいスタートだった。当時、ダイエーの球団経営に携わり球団本部長、球団代表を務めた瀬戸山隆三氏が福岡移転の真相、王貞治監督誕生など当時を振り返る。最終回はホークスを変えた男・小久保裕紀。

ダイエーの球団本部長、球団代表を務めた瀬戸山隆三氏【写真:編集部】
ダイエーの球団本部長、球団代表を務めた瀬戸山隆三氏【写真:編集部】

2003年のオープン戦で靭帯を断裂した小久保、アメリカでの手術を行うが…

 2020年のプロ野球はソフトバンクが圧倒的な強さを見せつけ日本シリーズ4連覇を飾った。投打でスター選手を揃え12球団随一の育成力で“常勝軍団”を作り上げたが、ホークスの福岡移転となった1988年は苦しいスタートだった。当時、ダイエーの球団経営に携わり球団本部長、球団代表を務めた瀬戸山隆三氏が福岡移転の真相、王貞治監督誕生など当時を振り返る。最終回はホークスを変えた男・小久保裕紀。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 1993年のドラフト1位で入団した小久保裕紀は間違いなくホークスを変えた男だった。中内オーナー、根本陸夫監督が熱望し獲得した将来の幹部候補について瀬戸山氏は「誰よりも練習する姿、チームを引っ張るリーダーシップ、そして実力もこれ以上にない男」と目を細める。

 プロ2年目の1995年には28本塁打を放ち本塁打王のタイトルを獲得。その後も主軸としてチームに無くてはならない存在となったが2003年に球界を揺るがす事件が起こった。

 同年のオープン戦で本塁へ突入した際に右膝の靭帯を断裂するなど大ケガを負う。球団からは当初、全額負担でアメリカでの手術を承諾したが「あの話はなかったことにしてくれ」と急転。その他にも当時の球団社長に冷遇されるなどフロントに不信感を抱いた小久保は同年オフに退団することを決意する。

「手術の費用が出せない件も私が伝える役割だった。心苦しかった。納得できない部分は誰もが分かっていたが本人は『選手会長として僕は見過ごすことはできない。もうこの球団ではできません』と。その後、巨人の渡邉恒雄さんに話を持っていき巨人とのトレードが決まった。こちらからお願いした立場、誰かと交換してくれという訳にもいかなかった。小久保も膝を断裂して来季活躍する補償はどこにもなかった」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」