野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

地方から上京、器械体操で全国経験… DeNAのチア「diana」たちの素顔は?

DeNAの戦いをダンスや歌で後押しするオフィシャルパフォーマンスチーム「diana(ディアーナ)」。来季のメンバー18人が決まり、半数の9人が新加入となった。約200人が応募したオーディションを勝ち抜いた彼女たち。中には、異色の経歴や切実な思いを抱えて憧れの舞台をつかんだメンバーもいる。

「diana」のNatsuさん、Mayuさん、Rieさん(左から)【写真:松本洸】
「diana」のNatsuさん、Mayuさん、Rieさん(左から)【写真:松本洸】

来季メンバー18人のうち半数の9人が新加入、オーディションに約200人応募

 DeNAの戦いをダンスや歌で後押しするオフィシャルパフォーマンスチーム「diana(ディアーナ)」。来季のメンバー18人が決まり、半数の9人が新加入となった。約200人が応募したオーディションを勝ち抜いた彼女たち。中には、異色の経歴や切実な思いを抱えて憧れの舞台をつかんだメンバーもいる。

【写真集】2021年DeNAオフィシャルパフォーマンスチーム「diana」オーディション写真ギャラリー

 新加入のMayuさんは、噛み締めるように言う。「まだ実感がわかなくて……」。高校時代から習い始めた大好きなダンスを、再び“仕事”にできることがうれしい。横浜スタジアムのグラウンドに立つ姿を想像しつつも「まずはチームのみんなと仲良くなって、いい雰囲気を作ってから」と初々しさものぞかせた。

 テーマパークでダンサーとして活動していたが、コロナ禍による影響もあり、活動がストップに。一変した世の中を見渡し、一度は一般企業への就職も考えた。それでも、自らの踊りで多くの人が笑顔になる光景が忘れられない。「このまま私のダンス人生が終わっていいのかなって」。諦めきれず、受験を決断した。

 加えて横浜は地元。「私もあのステージに立ちたいなと。横浜に貢献したい思いもありました」。晴れて一員となり、背筋が伸びる。「パフォーマンスに泥を塗らないように。スタンドの熱量を上げていくぞって思いで、1試合1試合丁寧に踊りたい」と思いを込める。

 合格して2年目を迎えるNatsuさんは、異例の事態で思うようなパフォーマンスができなかったdiana1年目を振り返る。「やりきれない部分があって、悔しい気持ちも残りました」。その思いを2021年シーズンへ。「だからこそ、より一層頑張っていきたい」と意気込む。

 約40人が進んだ最終審査で、唯一アクロバット演技を披露した。幼少期から器械体操に没頭し、全国大会の舞台も経験した実力者。バク転や宙返りはお手のもので「自分の強みでもあると思っています。それぞれの色をしっかり出していけるチーム」と魅力を発信する。新メンバー9人の“先輩”にもなるだけに「責任感を持って、お手本になれるような働きをしたいです」と言い切った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」