野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ダルビッシュと二枚看板、元新人王左腕はなぜトライアウトで合格できたのか?

プロ人生の岐路に立たされた選手が、再びNPBの舞台を目指して挑む「12球団合同トライアウト」。今オフは7日に開催され、56人が参加した。ここまでNPB球団との契約にこぎつけたのは数人の“狭き門”。それでも選手たちは、わずかな可能性にかけてグラウンドに立つ。かつての“合格者”は、トライアウトの舞台に立つまでの準備とメンタリティの重要さを説く。

2014年にオリックスを戦力外になった現中日スカウトの八木智哉氏【写真:編集部】
2014年にオリックスを戦力外になった現中日スカウトの八木智哉氏【写真:編集部】

14年にオリックスから戦力外通告された八木智哉さん、06年には新人王

 プロ人生の岐路に立たされた選手が、再びNPBの舞台を目指して挑む「12球団合同トライアウト」。今オフは7日に開催され、56人が参加した。ここまでNPB球団との契約にこぎつけたのは数人の“狭き門”。それでも選手たちは、わずかな可能性にかけてグラウンドに立つ。かつての“合格者”は、トライアウトの舞台に立つまでの準備とメンタリティの重要さを説く。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 現中日スカウトの八木智哉さんは、2014年にオリックスを戦力外に。その年は日本ハムからトレードで移籍して2シーズン目で、1軍登板は3試合にとどまっていた。「自分が戦力外になるかは、選手も分かりますよ。夏前から起用のされ方が変わることもあるので」と言う。当時31歳。「日本ハム、オリックス以外にまだ10球団もある。頑張ろうって感じでしたね」と笑って振り返る。

 創価大から2005年のドラフト希望枠で日本ハムに入団。1年目から12勝8敗、防御率2.48の成績を残し、新人王に輝いた。ダルビッシュ有投手(現カブス)と先発ローテの双璧をなし、チームのリーグ優勝と日本一に貢献。しかし、2年目以降は左肩痛に悩まされるシーズンも多く、2013年にトレードでオリックスに移籍。新天地でも再起のきっかけはつかめず、選手生活の分岐点を迎えた。

 戦力外通告を受けてから、トライアウトまではわずか12日間。少ない準備期間でも全く焦りがなかったのは、先を見据えた調整を心がけていたからだという。「シーズン中から他球団のスカウトは見ているなと思っていたので、2軍では防御率1点台で終わろうというのを目標にしていました」。実際、その年はウエスタン・リーグ32試合に登板して6勝1敗、防御率1.97を達成。“事前アピール”に抜かりはなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」