野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

レンジャーズ有原、編成トップの獲得の狙いは? 21年2.7億円→22年3.7億円

レンジャーズは26日(日本時間27日)、日本ハムからポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指していた有原航平投手と2年契約を結んだと発表した。米ダラス・モーニングニューズ紙のレンジャーズ番、エバン・グラント記者によると、総額620万ドル(約6億4000万円)で2021年は260万ドル(約2億7000万円)、22年は360万ドル(約3億7300万円)。日本ハムへ支払われるポスティング費用は124万ドル(約1億2800万円)で、総額744万ドル(約7億7000万円)の契約となった。

日本ハムからレンジャーズにポスティングシステムで移籍する有原航平【写真:石川加奈子】
日本ハムからレンジャーズにポスティングシステムで移籍する有原航平【写真:石川加奈子】

ダニエルズGM「我々の先発投手陣の投球量の減少を踏まえると…」

 レンジャーズは26日(日本時間27日)、日本ハムからポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指していた有原航平投手と2年契約を結んだと発表した。米ダラス・モーニングニューズ紙のレンジャーズ番、エバン・グラント記者によると、総額620万ドル(約6億4000万円)で2021年は260万ドル(約2億7000万円)、22年は360万ドル(約3億7300万円)。日本ハムへ支払われるポスティング費用は124万ドル(約1億2800万円)で、総額744万ドル(約7億7000万円)の契約となった。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 レンジャーズは今季チームトップ6勝を挙げたエースのランス・リンをホワイトソックスへトレード放出。規定投球回に達したのも33歳右腕カイル・ギブソンのみで、先発補強が急務となっていた。有原は19年に15勝を挙げて最多勝に輝き、チームトップタイの8勝だった今季の3完投はリーグトップ。132回2/3はリーグ2位だった。ジョン・ダニエルズGMはイニングイーターぶりを評価した。

「コウヘイ・アリハラの獲得は、先発ローテーションの強化となります。彼はここ6シーズンにわたり日本で成功し、2019年シーズンのブレークもありました。我々は今後もそれが続くと考えています。60試合のシーズンを送った我々の先発投手陣の投球量の減少を踏まえると、2020年に130イニング超に投げたことが本当にプラスです。投手コーチ陣は来季に向けコウヘイと取り組むことを楽しみにしています。フィールド内外でコウヘイを育ててくださったファイターズに感謝します」

 レンジャーズで日本人選手が入団するのは有原で8人目。有原は球団を通じて、「メジャーリーグでプレーする機会を与えてくださったレンジャーズに大変感謝します。この街で成長して成功できるよう努力し続けます。最高の状態でスプリングトレーニングに入れるよう、良いオフシーズンを送るようにします。グローブ・ライフ・フィールドのレンジャーズファンの皆さんの前で投げられることを本当に楽しみにしています。応援してくださるとうれしいです。ありがとうございます」とコメントした。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」