12球団“最速投手”は誰? ストレート平均球速で見る剛腕投手ランキング

阪神・藤浪晋太郎(左)と西武・平良海馬【写真:荒川祐史】
阪神・藤浪晋太郎(左)と西武・平良海馬【写真:荒川祐史】

全投手でトップは阪神のスアレスで平均155.6キロ

 見るものをワクワクさせてくれる剛速球。近年のプロ野球界では150キロ超の真っ直ぐは珍しくなくなり、ソフトバンクの千賀滉大投手や西武の平良海馬投手、阪神の藤浪晋太郎投手など、日本人でも160キロを超える投手が出てきている。

 日本人最速、そして国内最速は2016年に日本ハムの大谷翔平投手がマークした165キロ。巨人のチアゴ・ビエイラ投手が今季の日本シリーズでマークした164キロが2位で、藤浪らの162キロが3位となる。

 では、今季のプロ野球でストレートのアベレージ球速が速かった投手は一体誰なのだろうか。セイバーメトリクスの指標を用い分析などを行う株式会社DELTA(https://1point02.jp/)のデータを基に検証してみる。なお、対象は20イニング以上を投げている投手に限定した。

 今季12球団でストレートの平均球速が最も速かったのは阪神の守護神ロベルト・スアレス投手。アベレージは155.6キロだった。これに次ぐ2位は155.5キロで西武のセットアッパーのリード・ギャレット投手となり、巨人のチアゴ・ビエイラ投手(155.4キロ)、中日のライデル・マルティネス投手(154.7キロ)、DeNAのエドウィン・エスコバー投手(153.7キロ)と続く。

日本人最速は西武平良で153.4キロ、先発投手の最速はソフトバンク千賀

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY